日銀、国債買い入れ見直しを協議も-買い入れオペ札割れで


6/7 日
日本銀行は来週の会合で、資産買い入れプログラムの見直しを協議するもようだ。金融危機の深刻化に伴い投資家が国債を手放すことに消極的であることから、デフレ終息に向けたこうした取り組みの効果が損なわれている。 日本銀行はギリシャ総選挙を数日後に控えた14、15日に金融政策決定会合を開く。総選挙でギリシャのユーロ離脱の有無が決まる可能性があり、ユーロの混乱がさらに悪化する恐れがある。欧州危機はすでに国債の需要急増を招いており、資産買い入れ等基金の国債買い入れオペなどで、応札額が予定額に満たない「札割れ」が5月に2回発生した。 国会議員も日銀の白川方明総裁に対し、景気下支えに向けた取り組みを強化するよう圧力を強めている。1-3月(第1四半期)に堅調だった経済成長は今後鈍化が見込まれる。バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチによると、日銀の審議委員は国債買い入れの年限延長か、あるいはリスク資産の購入拡大を決める可能性がある。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

電話