ユーロ売り優勢、欧州危機による景気悪化警戒-欧米指標待ち


8/13 日
ユーロ売りがやや優勢の展開となった。中国経済の減速など世界景気の先行き不透明感が強まる中、14日発表のユーロ圏の域内総生産(GDP)を控えて、欧州債務危機の影響による景気悪化が意識されやすかった。米国でもあす以降、小売売上高などの経済指標の発表が相次ぐ。 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.2290ドル前後から一時1.2261ドルまで軟化。その後、いったん1.2300ドル前後まで値を戻したが、午後には再び売りが優勢となり、午後4時現在は1.2283ドル前後となっている。 ユーロは対円でも1ユーロ=96円20銭前後から一時95円94銭まで下落。同時刻現在は96円17銭前後で取引されている。 一方、ドル・円相場は1ドル=78円前半での小動きで、日中の値幅は78円20銭を下値にわずか16銭にとどまった。この日発表された日本の4-6月期のGDPは4期連続のプラスとなったが、増加率は事前予想を下回った。 エコノミスト調査によると、14日に発表されるユーロ圏の4-6月期のGDPは前期比0.2%減が見込まれている。13日発表のギリシャのGDPは前年同期比7%減の見通し。



【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。