円が上昇、対ドルで100円台後半-株価動向にらみ上下に振れる


5/30 日
円が対ドルで1ドル=100円台後半に上昇した。欧米株の下落などを背景にリスク回避の円買いが先行して始まった後、日本株の動向をにらみ101円を挟んで上下に振れる展開となり、午後は株価の下落幅拡大を受けて円がじり高に推移した。 ドル・円は午後の取引で100円56銭と、朝方に付けた10日以来の高値(100円59銭)を更新し、3時10分現在は100円85銭前後。一方、金融機関の仲値公表が集中する午前10時前後には株価の下落幅縮小とともに円売りが優勢となり、一時101円54銭を付ける場面もあった。 日本株と円相場の動きについて、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラテジストは、「日本株の上下動によるリスク許容度が影響している。株のボラティリティ―が高いので、為替もこれまでのスピード調整の動きとなっている」と指摘した。 財務省が朝方発表した対外・対内証券売買契約などの状況(週間、指定報告機関ベース)では、日本の投資家が19-25日の週に海外の中長期債を2週連続で売り越したことが確認された。円相場は同統計の発表前後に買われる場面があったものの、上昇幅は限定的だった。 植野氏は、「対内対外証券投資は、為替ヘッジをつけた銀行部門の証券売買も含まれていて、材料としては見にくい」と言い、為替相場にとっては株価動向が変動要因と説明していた。 前日のドル・円は、ニューヨーク市場で米国の長期金利や株価の低下を背景に一時100円72銭と24日以来の水準まで円高・ドル安が進んだ。オンライン為替取引オアンダのアナリスト、ディーン・ポップルウェル氏(トロント在勤)は「株式相場が軟調で、安全資産通貨を買う口実になっている」と指摘していた。



【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。