円上昇、アジア株安でリスク回避の買い再燃-米緩和縮小懸念


8/20 日
午前の東京外国為替市場では円が上昇に転じ、対ドルは1ドル=97円台前半で取引された。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録公表が目前に迫る中、アジア株式の下落を受けて国内株価が下げに転じるなど、投資家のリスク回避姿勢を背景に円買いが再び優勢となった。 ブルームバーグのデータによると、朝方は下落していた円は国内外の株安を受け、主要16通貨の大半に対し上昇に転じた。ドル・円相場は9時すぎに付けた97円57銭から一時97円13銭まで円が買われ、昨日の米国時間に記録した1週間ぶりのドル安・円高水準96円91銭に近づいた。午後零時22分現在は97円24銭前後。 楽天証券の相馬勉債券事業部長は、米量的緩和の縮小観測を背景とした投資家のリスク回避による「新興国売りなどがなかなか収まらない。過剰反応の面もあるが、もやもや感を抱える投資家の撤退が続いている」と指摘。新興国の経済危機は考えにくいが、景気低迷が広がれば結局は米国経済にも跳ね返ることもあり、米緩和縮小姿勢の後退など「何らかの対応が望まれている」と語った。 米連邦準備制度理事会(FRB)は日本時間22日午前3時に7月30、31日開催のFOMC議事録を公表する。早ければ9月17、18日の会合で月850億ドルの債券購入の縮小を始めるかどうかをめぐり、議事録の内容に市場の注目が集まっている。



【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。