ドル全面高-米財政協議の前進を期待


10/10 日
ドルが全面高。連邦債務上限の引き上げ問題で米議会で妥協が成立しデフォルト(債務不履行)は回避されるとの見方が優勢になっている。米ドル指数は80.55へ上昇。


米ドル指数


米議会指導部が短期の債務上限引き上げについて拒否しない姿勢だと関係者が発言し、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグのドル指数は2週ぶり高水準になった。日本銀行の黒田東彦総裁の会見を控えて円はほぼ全面安。


経済の強さを測る主要指標の1つである失業データは、米政府機関の一部閉鎖の長期化に伴い完全性が損なわれるリスクがあると、元労働省当局者らが懸念している。統計の信頼性への疑念や政府機関閉鎖の長期化による経済的ダメージは、米金融当局が月間850億ドル(約8兆2800億円)の債券購入策の縮小を先送りする理由になる。


ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.35ドル台前半から一時1.3486ドルまでドル買いが進み、同時刻現在は1.3500ドル前後。ドル・円相場は1ドル=97円台前半でこの日の東京市場を迎えた後、じりじりと値を切り上げ、午後2時ごろに97円82銭と10月3日以来の水準までドル高・円安が進んだ。


USDJPY
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。