米国雇用統計の改善を好感


1/3 日
予想を上回った米国雇用統計を受け、ドル指数(USDIDX)が続伸した。ただし、ドル相場が欧州通貨に対し上昇したが、円・豪ドル・カナダドルに対してドル安に逆転した。イギリスの12月製造業PMI指数は57.3となり、予想を大きく下回った。それを受けた英ポンドがドル対で調整局面に入った。その次、ユーロ・ドルとそのほかの欧州通貨も調整された。バルト3国の1つラトビアが1日、新たに単一通貨ユーロを導入したことがユーロにとって悪材料となった。





昨日のGBPUSD相場の下落は12週間で最大となり、1.62ドルまで下げる可能性があるとの見方がある。英国の10年債の利回りは3.08%伸びで7月以来の最高水準となった。本日は、18:30に英・12月建設業PMIと住宅証券融資高の発表が予定している。予想はややネガティブ。

昨日の日本円が106円の水準に当たり調整局面に入った。9週間連続で円安が進んでいたので、昨日の上昇がおそらく利食い売りでもたらされたと思われる。円に伴い豪ドルも米ドルに対し堅調に推移。



米国の製造業PMIの改善がUSDCAD相場にとって好材料となった。

本日は、米・マクロ経済指標の発表が特になし。ただし、明日午前4:30時はバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の会見に注目べき。1月末はバーナンキ氏の任期が切れるが、後任はおそらくジャネット・イエレンFRB副議長になる。


次回の市場速報のリリースは(GMT+0, Greenwich): 11:00
ご質問やご提案などがございましたらanalytics@ifcmarkets.comまでご連絡下さい。




【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。