非農業部門雇用者数は20万人増


4/4 日
昨日発表した米マクロ経済指標は予想を下回った。2月の輸出は前月比1.1%減の1904億3000万ドル。この結果、貿易赤字は7.7%拡大して423億ドルとなり。昨年9月以来の高水準に達した。米国の第1・四半期国内総生産(GDP)の成長予想は0.6%から1.9%までの水準に抑えられた要因となった。昨年第4・四半期に米国の国内総生産は2.6%に増加。GDPが発表されるのが4月30日だ。昨日USDIDXドル指数は上昇。3月の非農業部門雇用者数(NFP)は前月比20万人増と予想されている。失業率は6.6%になるとの見方が出ている。米国雇用統計は午後10時30分(日本時間)に発表される。ドルは上昇と見込まれている。この場合は、米国の株式市場は下落との可能性がある。米グーグルはまた株数が2倍強に増えた。したがって、株価が2倍下落にもかかわらず、投資家はロスではなく株数を2倍に増やした。新しいプロジェクトの資金調達は理由となった。この日から構成銘柄であるグーグルの普通株が2種類の株式へ分離されたため、S&P500株価指数は指数算出会社は501銘柄で指数を算出した。



昨日の マーケット概観通り欧州中央銀行のドラギ総裁がインフレ率が増加される予定を背景にユーロが下落。欧州圏の金融緩和も可能だとの見方が出た。米国と同じように、お金を発行し、国債を購入することを意味する。国家は公債を発行すると、同国の中央銀行がその国債を購入。それによって、国家は経済を活発化できる。中央銀行は債務が増加。発行は100兆75億と予測される. インフレを0.5%から今年末に1%、来年に1.3%、2016年に1.5%までに引き上げるという計画だ。



リビア東部の反政府勢力が石油積出港を制圧したと発表したことを受け、 (Oil, Brent)北海ブレント原油は続伸。原油は長期的に高と見通される。リビア国内石油採掘が15万バレルに下がった。ロシアのクリミア半島編入に対して可能な制裁は原油の価格にあまり反映されない。

【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

電話