米マクロ経済指標を背景に、ドル指数が伸び


4/22 日
月曜日、ドル指数(USDIDX)は良好な米マクロ経済指標を受け、上昇。3月の景気先行き指数は0.8%増加、事前の予想を上回った。ドル指数の終値は7日連続でプラスになる。米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したデーター(4月15日までの週)によると、10月以来初めてドルのネットショートは形成された。今日、14時に米国で3月の中古住宅販売件数が発表されるほか、リッチモンド連銀が4月の製造業指数を発表する。弊社の意見では、予想は楽観的だと思う。



ユーロ圏は15時に4月の消費者信頼感指数が公表される。最近6年ぶりの最高になると予想される。ユーロドル相場の行き先は明らかではない。朝にユーロは伸びた。投資家は欧州中央銀行の債券発行の計画に関するインフォメーションを待ちながら、中立的なトレンドは続く可能。欧州中央銀行ドラギ総裁は木曜日にアムステルダムで講演予定。先に、ドラギ総裁はユーロ上昇が金融緩和策のきっかけとなりかねないと述べた。この結果、ユーロは下落した。今も多くの投資家は同じようなマーケットの反応を待ち、ユーロの買い圧力が弱い。

「ミスター円」として知られている日本の榊原元財務相は1ドル=100円ではなく、110円水準の相場がより可能だと述べた。明日1時25分に日銀中曽宏副総裁が講演。



オーストラリア・ドルは2月の景気先行指数を背景に、伸び。明日2時30分にオーストラリアの第1・四半期の重要なインフレ率関連するマクロ経済指標は発表される。インフレ率の上げが見込まれるので、政策金利が引き上げられる可能性がある。この結果、オーストラリア・ドルは上昇。オーストラリア準備銀行はインフレ率が2~3%以内に予想された。

今週、カナダの重要なマクロ経済指標は出る予定。今日13時30分に2月の卸売売上高指数が発表されるほか、水曜日に小売売上高指数が公表される。弊社の意見では、カナダドルは下落と見込む。






【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。