海外株:ほぼ変わらず、FOMCで資産購入規模の縮小との見方


7/29 日

米株式相場はほぼ変わらず。国際情勢の緊迫を嫌気して売りが先行したが、企業の合併・買収(M&A)活動や業績への楽観を背景に下落分を埋める展開となった。ディスカウント店チェーンのファミリー・ダラー・ストアーズは25%上昇。同業のダラー・ツリーが約85億ドルで買収することで合意した。不動産サイト運営のトゥルーリアは15%高。同業のジローは35億ドルで同社を買収することで合意した。食肉加工最大手のタイソン・フーズはメキシコとブラジルの鶏肉事業を5億7500万ドルで売却することで、ブラジルの食肉加工大手JBSと合意した。タイソンの株価は2.6%高。一方、エンジンメーカーのカミンズが3.2%下げるなど、工業株は下落した。

欧州株式市場では、指標のストックス欧州600指数が続落。ウクライナや中東の情勢が引き続き注視されたほか、企業決算も注目材料だった。ストックス欧州600指数 は前週末比0.2%安の341.34で終了。一時は0.7%下げたほか、0.3%上昇した。先週は0.7%上昇し2週続伸していた。ダンスケ銀行やアクテリオンなどが通期利益見通しを引き上げたことが背景にある。



東京株式相場は3日続伸。日産自動車やキーエンスなどの好決算企業、海外株式に対する出遅れ評価の買いが入り、為替の円安傾向も好感された。機械など輸出関連株の一角が堅調、情報・通信や不動産、倉庫株も高い。TOPIX の終値は前日比4.34ポイント(0.3%)高の1290.41、日経平均株価 は88円67銭(0.6%)高の1万5618円7銭。両指数とも連日で直近の戻り高値を更新し、半年ぶりの高水準。



金先物相場は小幅ながら続伸。ウクライナ軍と反政府勢力の戦闘が激化する中、金買いが入った。



天然ガス先物相場は反落。

【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。