ユーロ反発、ソブリン債務懸念が保留され


5/18 日
ユーロ圏ソブリン債務への懸念が保留されたかたちとなり、売り圧力がかかっていたユーロはドルに対して反発した。ユーロにとって有利な長期的な問題にふたたび注目が集まり始めたため、ユーロを1週間以上も圧迫した最近の一連の債務懸念が脇に追いやられたのだ、と市場参加者らは指摘した。

ユーロ圏の債務危機への新たな懸念が見え隠れしたことで、ユーロは5月4日の1.4900ドル超の水準から16日には1.4100ドルを割り込んだ。ギリシャの債務再編観測や、ポルトガルへの金融支援が鈍ることが懸念されるなかで、ユーロは軟化してきた。

しかし、ユーロ圏各国の財務相らは今週、ポルトガルの救済に合意した。また、ギリシャの債務問題は来月まで解決する可能性は低い。このため、市場参加者らはユーロを下支えする根本的な基礎的条件に関心を戻し始めている。

米国4月の住宅着工件数は、前月比で10.6%減少した。エコノミストらは2.7%の増加を予想していた。FRBはこれまで常に、金利をゼロ近辺に抑える理由のひとつとして、住宅市場が弱いことを挙げてきた。この超低金利政策がドル相場を圧迫し続けている。

さらに、米国経済のなかでも明るい部分のひとつだった製造業も、4月は足踏みした。4月の製造業生産は前月比0.4%減と、10カ月ぶりに減少した。東日本大震災の影響が米国自動車産業にも及んだ。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。