ユーロ下落、消費者信頼感指数の悪化受け


8/31 日
ユーロが約1カ月ぶりの高値から下落した。ユーロ圏8月の消費者信頼感指数の低下で、欧州の債務危機が欧州大陸に及ぼし続けている悪影響があらためて示された。欧州の指導者らがどのように債務危機を抑えるかを、投資家らが見極めようと苦慮するなか、欧州委員会が発表したユーロ圏17カ国の8月の消費者信頼感指数は予想を下回り、7月の103から過去1年余りで最低の98.3に急落し、市場関係者は動揺した。 イタリア国債の入札は低調な結果に終わった。また、イタリアがソブリン債務問題の悪影響からまだ脱していないとの懸念も高まり、弱い信頼感指数を手掛かりとして、ユーロは1.4400ドルを割り込んだ。それでもユーロは、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念を背景に3月以来の安値に落ち込んだ7月中旬の水準を4.4%上回る水準にとどまった。 この日発表された米経済指標は、欧州の指標よりもかなり好調だったわけではなく、一部の指標では欧州の指標よりも軟調だったが、ドルは安全逃避の資金流入の受け入れ先となり、小幅上昇した。全米産業審議会(コンファレンスボード)が発表した米国8月の消費者信頼感指数の悪化は、良好な住宅関連指数を圧倒するとともに、米連邦準備制度理事会が停滞中の景気回復にてこ入れし、超緩和的な金融政策を続ける理由を裏付ける格好となった。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。