ユーロ上昇、独仏首脳の発言が支援材料に


9/15 日
ドイツとフランスがギリシャのユーロ圏残留を支持する方針を確認したことを好感し、ユーロが上昇した。一方、ドル以外の通貨や資産が選好されたため、ドルは全面安となった。この日は相次ぐ報道に相場が振られる不安定な展開となったが、ユーロの最終的な方向性を決定づけたのは、ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領がギリシャのユーロ圏残留を支援するため引き続き尽力する姿勢を示した、との報道だった。 この安心感を与える発言は必ずしも意外な内容ではなかったが、期待外れの材料もなかったため、最近数週間にわたり下げ圧力を受けてきたユーロの支援材料となった。メルケル首相とサルコジ大統領の発言は、ユーロをいくらか下支えするには十分な材料となった。さらに、一部のテクニカルな需要を巻き込み、ユーロは一段と上げ幅を広げた。 このところユーロはかなり不安定に推移しており、ここ数日間はほぼすべての債務に関する報道や、ギリシャなどの財政難の欧州諸国の存続可能性に関する観測に大きく反応してきた。投資家にとっての最終的な懸念とは、ギリシャ問題がイタリアやスペインなどのぜい弱な国々に波及し、これらの国々が妥当な金利で資金を調達することを極めて困難にさせ、すでに打撃を受けているユーロ圏全域の銀行システムを弱体化させることだ。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

電話