ユーロが下落、欧州入札控え先行き懸念くすぶる-ドル・円77円台後半


12/12 日
ユーロが下落した。欧州連合(EU)首脳会議(サミット)で財政規律の強化などが合意されたものの、財政問題を抱える域内諸国の金利上昇を抑える措置は示されず、週内にはイタリアを中心に国債入札を控えて、先行きへの懸念がくすぶった。ユーロ・ドル相場は朝方に付けた1ユーロ=1.3386ドルを上値にじりじりと売られ、午後には一時1.3334ドルまで水準を切り下げた。ユーロ・円相場も1ユーロ=103円98銭に上昇したあと、103円54銭まで下押された。 ドル・円相場はユーロ主導で方向感の乏しい展開が継続。朝方に付けた1ドル=77円71銭から77円56銭までドル安・円高が進んだ後は77円65銭付近で推移。午前に形成された値幅15銭のレンジ内での取引が午後も続いた。前週末に開催されたEUサミットでは、国際通貨基金(IMF)を通して最大2000億ユーロを救済基金に上乗せすることで合意。また、将来の債務急増を阻止するための新たな「財政協定」を打ち出し、5000億ユーロ規模の恒久的救済枠組みである欧州安定化メカニズム(ESM)の開始時期を前倒しした。 ECBの政策委員会メンバーであるドイツ連邦銀行のバイトマン総裁は、11日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネ日曜版に掲載されたインタビューの中で、欧州首脳らによる先週の合意について、「財政協定」であって「財政同盟」を意味するものではないと指摘。ユーロ圏共同債の発行構想については、根本的な政府債務の問題を解決するものではなく、むしろ悪化させるとの見解を示した。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。