円が上昇、米金融緩和長期化見通しやギリシャ交渉警戒で買い圧力


1/27 日
円が上昇。今週は日本の31年ぶりの貿易赤字転落などを背景に週半ばにかけて円安が進んだが、米国で金融緩和がさらに長期化する見通しとなり、ギリシャの債務交換交渉の行方も依然不透明な中、週末を前に円の買い戻しが強まった。円は対ドルで1ドル=77円半ばから一時、76円90銭まで上昇。25日には昨年11月29日以来の安値となる78円28銭を付けていた。 円は対ユーロで前日の海外市場で一時、1ユーロ=102円21銭と昨年12月23日以来の安値に並んだが、その後、101円半ばまで反発し、この日の東京市場では一段高。一時100円77銭を付けた。一方、ユーロ・ドル相場は朝方に一時1ユーロ=1.3078ドルまでユーロ安・ドル高に振れたが、その後は1.3100ドルを挟んでもみ合う展開となった。前日の海外市場では1.3184ドルと約5週間ぶりのユーロ高・ドル安水準を付けた後、1.3100ドル前後まで値を戻していた。 米リッチモンド連銀のラッカー総裁は同連銀のウェブサイトでの声明で、「景気拡大につれて、それが緩やかなペースであっても、インフレ圧力を回避するためにフェデラルファンド(FF)金利は上昇が必要だろう」との予想を示し、「経済状況が異例の低金利をそれほど長期間正当化するとは思わない」と25日のFOMCで反対票を投じた理由を説明した。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。