ドル76円台前半で上値重い、米雇用統計控えこう着感も-値幅12銭


2/3 日
ドル・円相場が1ドル=76円台前半でドルの上値が重い展開となった。米金融当局による超低金利政策の時間軸延長を受けて、米景気動向が焦点となる中、この日は1月の雇用統計発表を前にドル買いを進めにくい状況が続いた。前日の海外市場で76円05銭までドル安・円高が進んでいたドル・円相場はこの日、午前の取引で76円14銭をドルの下値に、76円26銭まで上昇。午後にかけては値動きが鈍り、日中の値幅は12銭にとどまった。 ユーロ・ドル相場は午前の取引で一時1ユーロ=1.3115ドルまでユーロ安・ドル高が進んでいたが、午後にかけては、ドルが伸び悩みとなり、1.31ドル半ば近辺に押し戻されて推移した。米連邦準備制度理事会(FRB)は1月24、25日に行った連邦公開市場委員会(FOMC)の声明で、政策金利を「少なくとも2014年遅くまで」異例な低水準で維持する意向を表明。「委員会は向こう数四半期の経済成長ペースが緩やかなものになると予想し、結果として失業率は緩慢なペースでしか低下しないとみている」と指摘した。 FRBのバーナンキ議長は2日、下院予算委員会での証言で、「幸いなことに、ここ数カ月は支出や生産、雇用市場の動きを示す指標が幾分か改善の兆しを示している」と指摘。一方で、「先行き見通しは依然として不透明であり、経済情勢を注視していくことが引き続き必要だ」と述べた。バークレイズ・キャピタルの逆井雄紀FXストラテジスト(ニューヨーク在勤)は、例えば失業率が7%に下がるというような結果になれば、トレンド転換も考えられるが、FRBの緩和姿勢が変わるほどのインパクトを与える数字が今回の雇用統計で出るのは難しいと予想。サプライズの内容となれば、発表後に多少の反応はあり得るものの、「すぐにドルの戻り売りが出る」とみている。



【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。