ドルが対円でじり安、米FRB議長の議会証言控え買い慎重-80円前半


2/29 日
ドルが対円で水準を切り下げる展開となった。日本株の伸び悩みでリスク選好の円売りが弱まったほか、この日は米連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長の議会証言を控えて、景気について慎重な見解をあらためて示す可能性が警戒され、ドル買いは限定された。ドル・円相場は午前の取引で円売りが優勢となり、一時1ドル=80円69銭までドル高・円安が進んでいたが、同水準を上値にドルが伸び悩みとなり、午後の取引では80円26銭まで水準を切り下げた。 ユーロ・ドル相場は午前の取引で一時1ユーロ=1.3486ドルと、3営業日ぶりの水準までユーロ高が進んだあとは、1.34ドル台後半でやや伸び悩んだ。ユーロ・円相場は午前に一時1ユーロ=108円73銭まで上伸していたが、午後には108円09銭まで下押す場面も見られた。佐藤氏は、欧州中央銀行(ECB)の3年物資金供給オペを控えて、安心感から市場はリスクオン(選好)に傾いていたが、流動性の拡大がユーロ買い材料につながるかどうかには疑問符が付くと指摘。「ふたを開けてみないことには動きにくい」面があるとし、ユーロの上値も抑えられたと説明している。 日の米国時間にはバーナンキ議長が下院金融サービス委員会で、金融政策について半期に一度の証言を行う。同議長は今月16日に米連邦預金保険公社主催の会議で行った講演で、「米経済にはこのところ改善の兆候が見られるものの、景気回復はいら立たしいほど鈍く、採算が取れる融資の機会が抑制されている」と述べている。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

電話