S&P500が08年5月以来高値-アップル配当で


3/20 日
S&P500種株価指数が上昇、2008年5月以来の高水準となった。アップルの配当再開方針と100億ドルの自社株買い計画が好感された。アップルは2.7%上昇して601.10ドルと、最高値を更新した。シティグループは1.3%の上昇。上海浦東発展銀行の持ち株2.71%を売却したのが手掛かりとなった。USスチールは6.4%値上がりし資源株の上げを主導した。小荷物輸送のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は蘭TNTエクスプレスの買収合意が好感され値上がりした。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は2.8%安。一時は10ドル超まで上昇する場面もあった。 アップルの発表によると、同社は7-9月期(第4四半期)から1株当たり2.65ドルの配当を実施する。自社株買いは2013年度(12年10月-13年9月)に開始し、3年をかけて行うという。好調な製品販売に支えられてアップルの手元資金は増大、株主は配当を通じて一部利益還元を求めていた。 S&Pの住宅建設株指数は0.9%低下。午前に発表された住宅市場指数が嫌気された。全米ホームビルダー協会とウェルズ・ファーゴが発表した3月の米住宅市場指数は28と、前月から変わらず。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は30だった。同指数で50を下回ると住宅建設業者の多くが現況を「悪い」とみていることを示す。
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。