マーケットセンチメント - ページ 2


9月8日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に21.61億ドルから22.07億ドルへ上昇。米労働省の発表によると、5日終了週の新規失業保険申請件数は前週比6000件減少して27万5000件。前日発表された7月の求人件数は過去最高に増加した。新規雇用は減少し、労働市場が引き締まる中で雇用者が条件を満たした労働者を見つけづらくなっている状況が示唆された。エコノミストの間では米連邦公開市場委員会(FOMC)が9月17日に利上げを発表するかどうか見方が分かれているが、トレーダーの間では利上げを見込む確率はさらに低下している。

9月1日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で24.0億ドルから21.47億ドルまで反落。債券市場エコノミストらは4日発表の8月の米雇用統計でそれぞれの米利上げ時期予想が十分裏付けられたと主張している。しかしその見解は全く一致していない。雇用統計に関する見解の対立は4日の金融市場の動向でも明らかだった。雇用統計発表から時が経過するとともに微妙に見方が分かれていった。米10年債は上下動を繰り返した。利上げ後に実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.375%になるとの仮定に基づけば、先物市場でトレーダーが見込む9月利上げの確率が26%まで下げた後、36%まで急伸、最終的に30%となった。

8月25日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは32.26億ドルから24.0億ドルまで反落した。米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は29日、ワイオミング州ジャクソンホールで開かれたカンザスシティー連銀主催のシンポジウムで講演し、「インフレ期待の安定が明白な中、物価を抑制している要因がさらに解消されるに連れ、インフレ率が高まると信じる正当な理由がある」と発言。利上げをいつ開始すべきかには触れなかったが、「金融政策が実体経済に影響を与えるにはかなりのラグがあるため、われわれは引き締め開始でインフレ率が2%に戻るのを待つべきではない」と述べた。他の米金融当局者らも、市場混乱には留意しているものの、米経済は利上げが正当化される程度に力強いとの考えを示している。岡三証券の平川昇二チーフエクイティストラテジストは、「9月にやらなくても、12月にまた市場が揺れ始めるというところから、できれば早めにやっておきたいというのが一つの見方ではないか」と指摘。米国株と同様、9月に米利上げがあるなら、「まだ株は売られるかもしれないという発想がマイナス要因になる」としている。

8月18日の値までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは37,19億ドルから32,26億ドルへ減収。中国がこの日発表した8月の財新製造業購買担当者指数(PMI)は、世界的な金融危機以来の低水準となった。これを受け、高リスク資産の売りが加速した。中国による先週の人民元切り下げを受け、世界経済をめぐる懸念は既に強まっていた。

8月11日の値までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは$32.78 billionから$37.19 billionに、四ヶ月最高水準に上昇しています。非農業給与は、失業率が5.3%の割合で変更なし、民間部門は期待の223000増加よりも少し少ないですが、215000ジョブを追加しました。FRBの最近の政策声明は、政策立案者が利上げを開始するために、労働市場のいくつかの更なる向上を参照する必要があると述べていますので、雇用の伸びは9月に利上げの可能性が高めます。ドルの強気の賭けの増加に貢献しました。表から明らかなように、すべての主要な通貨の勢いは悪化し、すべての通貨はドルに対してネットショートに変更しています。

商品先物取引委員会(CFTC)の8月4日までのレポートによると米ドルのネットロングは対メージャ通貨で29.8億ドルから32.78億ドルへ反発。前週末の米雇用統計を受け、9月の米利上げ期待が維持される中、ドル買い・円売りがやや優勢となった。米労働省が7日発表した7月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比21万5000人増となった。家計調査に基づく失業率 は5.3%で前月から変わらず。平均時給は24.99ドルで、前年比で2.1%増加した。英ポンドと豪ドルのみは、売り圧力が減収。スイスフランのみがロングポジションを持つ。

商品先物取引委員会(CFTC)の7月28日までのレポートによると米ドルのネットロングは対メージャ通貨で29.77億ドルから29.8億ドルへ上昇。米労働省の発表によると、雇用コスト全体の約7割を占める賃金・給与の伸びを示す指数は前期比0.2%上昇と、1982年の調査開始以来で最低。第1四半期は0.7%上昇だった。諸手当を含む報酬全体の雇用コスト指数(ECI、季節調整後)は0.2%上昇した。連邦公開市場委員会(FOMC)は賃金上昇で景気が押し上げられ、インフレ率が目標の2%に近づくと期待している。今回の賃金の伸び鈍化を受けて、一部当局者は利上げの先送りを求める可能性もある。

商品先物取引委員会(CFTC)の7月21日までのレポートによると米ドルのネットロングは対メージャ通貨で27.29億ドルから29.77億ドルへ上昇。イエレンFRB議長ら当局者は、米景気や同国経済が直面するリスクの評価を変えることで、利上げ開始が近づきつつあり、早ければ9月16、17両日のFOMC会合後の発表となる可能性を示唆することができるだろう。

商品先物取引委員会(CFTC)の7月14日までのレポートによると米ドルのネットロングは対メージャ通貨で25.75億ドルから27.28億ドルへ上昇。ドル指数 が週間ベースで2カ月ぶりの大幅上昇となった。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が今週、年内に利上げを開始する可能性が高いとの認識をあらためて示したことが手掛かり。

ギリシャが救済融資の確保と通貨同盟からの離脱回避を目指し、改革・歳出削減案を提出したことが好感された。ギリシャの提案は債権者側が先月示した案に近い内容で、これと引き換えに535億ユーロの救済パッケージ確保を目指す。ユーロは対ドルでも上昇を維持した。ギリシャのチプラス首相は10日、同提案をギリシャ議会に示して支持を求めるほか、欧州連合(EU)は12日の首脳会議で同案を検討する。12日は合意の期限とされている。

電話