マーケットセンチメント - ページ 3


商品先物取引委員会(CFTC)の6月30日までのレポートによると米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で26.07億ドルから25.12億ドルまで反落。英ポンドや日本円などを除いて、通貨はすべて買い圧力が減収。スイスフランのみは対米ドルでロングポジションを持つ。

商品先物取引委員会(CFTC)の6月16日までのレポートによると米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で34.7億ドルから23.8億ドルまで反落。スイスフランを除いて、すべてのメージャ通貨への買い圧力が増加。

商品先物取引委員会(CFTC)の6月9日までのレポートによると米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で34.15億ドルから34.68億ドルへ反発。米国雇用時計発表の背景に米ドルへの買い圧力が反発。スイスフランのみは対ドルでネットロングポジションを持っている。

商品先物取引委員会(CFTC)の5月12日までのレポートによると米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で29.94億ドルから34.15億ドルへ反発。米国建築売上高のデータの背景に米ドルへの買い圧力が反発。スイスフランのみは対ドルでネットロングポジションを持っている。

商品先物取引委員会(CFTC)の5月12日までのレポートによると米ドルのネットポジションは25.81億ドルから29.94億ドルへ上昇。米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で8週ぶりに下落した後、米ドルへの買い圧力が戻った。

商品先物取引委員会(CFTC)の5月12日までのレポートによると米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で29.11億ドルから25.80億ドルまで反落。今週のレポートによると、スイスフランクを除いてメージャ通貨はすべて売り圧力が減収。

商品先物取引委員会(CFTC)の5月12日までのレポートによると米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で32.25億ドルから29.13億ドルまで反落。米ドルのネットポジションは9ヶ月間の安値まで反落。非農業部門雇用者数の発表を受け、投資家は米ドルのネットロングポジション決済を開始。

商品先物取引委員会(CFTC)の5月5日までのレポートによると米ドルのネットポジションは対メージャ通貨で34.75億ドルから32.25億ドルまで反落。米商務省が4月29日発表した第1四半期の米実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は前期比0.2%増と、前期の2.2%増から減速した。米実質国内総生産の発表を受け、投資家は米ドルのネットロングポジション決済を開始。

商品先物取引委員会(CFTC)の4月28日までのレポートによると米ドルネットロングポジションは$37.87から $34.75 billionまで落ち2014年9月以降の最低の数値でした。5週目投資家はドルにおけるロングポジションを減らしています。 下記のセンチメントテーブルで見えるようにユーロによるネットショートが減り、米ドルによるネットロングの下落につながっています。その中イギリスポンドだけのショートポジションは増加しています。スイスフランクはいまだに唯一のドルに対しネットロングポジションになっている通貨です。

...
商品先物取引委員会(CFTC)の最近レポートより、米ドルのネットロングは39.69億ドルから37.88億ドルへ反落した。米ドルのネットロングは4週ぶりに下落し、2014年9月からの安値へ反落した。しかし、対ユーロでのネット論議ポジションが上昇。スイスフランのみは対ドルでネットロングのポジションを持つ。

米ドルのネットロングは対ユーロで0.52億ドルへ上昇して、28.8億ドルとなりました。

日本円の売り越しは0.9億ドルへ減収して、1.5億ドルだ。英ポンドの売り越しは0.6億ドルへ減収し、2.73億ドルとなりました。

...