ビル・ウィリアムズのインジケーター


多くのテクニカル指標の中でビル・ウィリアムズという項目が単独で存在し、その中に6つのテクニカル指標があります。ビル・ウィリアムズの指標群だけ特別扱いされているように感じます。
テクニカル指標を数多く開発した人の中でもビル・ウィリアムズ博士は比較的新しい時代の指標開発者です。6つの指標は、彼の著作 TRADING CHAOS の中で紹介されている指標です。指標自体はそれほど複雑なものではなく、既存の指標をベースに開発された指標と言えるでしょう。
ここでは、ビル・ウィリアムズの指標群を順を追って説明して行くことにします。

  • フラクタル-(位相空間)
  • 原動力-(エネルギー位相)
  • 加速/減速-(電力位相)
  • 地帯-(電力位相)
  • バランスライン
価格の変更を分析するため、以下のインジケータが開発されていました。

Accelerator/Decelerator (アクセレーター)はトレンドの方向と強さを表示する指標で、カオス・アクセラレーター・オシレーターとも呼ばれている。

アリゲーター指標(アリゲーター)、ビルウィリアムズによって発明されたが、実際に移動平均の3つの異なる色の組み合わせを持って移動平均のシステムは、それぞれ、青ライン(あごのワニの代わりに)、赤線(ワニの歯の代わりに)、黄色の線(ワニ口の代わりに)。

Awesome Oscillator (AO) は買いシグナル、売りシグナルをわかりやすく教えてくれるツール。

FXトレードのテクニカル分析におけるフラクタルとは、一言で言えば、相場全体の大きな値動きの中の反転ポイントのことである。そして、この反転ポイントには、ブル(強気)フラクタルと、ベア(弱気)フラクタルがある。

アリゲーターの補助インジケーターとして使うといいでしょう。0のときはトレードをしないようにするようになっています。アリゲーターと同じで口が開き始めたときにトレードします。

テイックごとの値動きを表してます。出来高等を使ってあらわすため、ここの業者との会いたい取引のため実際に使えるかどうかは微妙です。