フィボナッチ


フィボナッチレベルは反転及びトレンド継続のレベルを計算するためのテクニカル分析の重要かつ効果的な手段です。それらを計算すると、トレーダーは、強力な支持と抵抗のレベルだけでなく、可能なターゲットとトレンド継続の補正を識別することができます。

フィボナッチの数列

フィボナッチ数列は、イタリアの数学者、レオナルド・ピサーノ(フィボナッチ)おかげで、ヨーロッパで人気となりました。フィボナッチ数列は、各数値は後続の合計で3、5、8、13、21、34、55等となっています。また、この配列の数字のいずれかを次の数に割った場合は、結果はいつも0.618で、それが以前に数に割った場合、結果は1,618になります。この配列は有名なトレーダーラルフ・エリオットによって、金融市場で使用されました。彼の理論では、次の波と呼ばれる相場の高さのその前の高さに比べた割合が1.618にほぼ等しいことに気づきました。

フィボナッチ:使用方法

ほぼどの取引ターミナルでもフィボナッチというツールがあり、0%、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%と100%レベルを構築することが可能となっています。トレンドが継続する場合はフィボナッチラインが反転ターゲットを決定することも可能であり、それは161.8%、261.8%と423.6%です。

上昇トレンドの場合は線が下から上、下降トレンドの場合は上から下へフィボナッチを作ります。

フィボナッチレベルを利用した取引

市場が下落したときフィボナッチレベルでの取引は、市場が上がる支持ライン、および抵抗レベルからリバウンドした場合のショート又はロングポジションの開始します。

フィボナッチレベルは支持と抵抗のレベル、これらのレベルに基づいて取引することになっているので、支持と抵抗のレベルに基づいて取引戦略と同様に行われます。