逆三尊型(ヘッド・アンド・ショルダー・ボトム)


逆三尊型は、値動きがサポートラインに当たり(第一のショルダーを形成)、それから第一のサポートラインを突破し、より低いサポートラインに当たり(ヘッドを形成)、それから再び第一のサポートラインに当たる(第二のショルダーを形成)時に形成される反転パターンです。

逆三尊型の形成

三尊型は、弱気の反転パターンで、逆三尊型は強気の反転パターンです。これまでのトレンドが上向き傾向の時は、三尊型を形成します。下向き傾向の時は、逆三尊型を形成します。三尊型/逆三尊型は通常、長期にわたって形成されます。

価格予想

値動きが三尊型形から抜け出た後でそこまで下落すると予想される価格、または逆三尊型形から抜け出た後でそこまで上昇と予想される価格。株式や証券CFDの価格が動くと予測される幅は、ヘッドとネックラインの間の幅相当します。

逆三尊型のターゲット

逆三尊型のターゲットの計算式は以下のようにです。

T = N + (N – H),

T – ターゲット

N – ネックライン

H – ヘッド(高値)

IFC Marketsが提供している取引ツールをダウンロードして、チャットのパターンをご利用下さい。