一目均衡表(Ichimoku)をご紹介


目的

一目均衡表は、日本人のFXトレーダーの間で最も使用されているインジケーターのひとつだが、海外でも一目均衡表を高く評価しているFXトレーダーはいるようだ。 一目均衡表はFX用のインジケーターで標準装備されているが、その視認性等、やや使いにくさを感じるのも事実である。

利用方法

一目均衡表は5つのラインからなっている:

  1. 転換線 (青)
  2. 基準線 (赤)
  3. 先行スパン A(ライン A、雲の緑ライン)
  4. 先行スパン B (ライン B, 雲の赤ライン)
  5. 遅行スパン (緑)

雲は一目均衡表の基本で、ライン A と Bは抵抗線とサポート線を表示する。

トレンドと補正

  • 商品の価格が雲の上にあるのは上げ相場を示す
  • 商品の価格が雲の下にあるのは下げ相場を示す
  • 商品の価格が雲にあるのはレンジ取引を示す
  • 雲の色が赤になるのは上げ相場の補正を示す
  • 雲の色が緑になるのは下げ相場の補正を示す

抵抗線とサポート線

  • ラインAは上げ相場の1つのサポート線です
  • ラインBは上げげ相場の2つのサポート線です
  • ラインAは下げ相場の1つの抵抗線です
  • ラインBは下げ相場の2つの抵抗線です

雲の上にあるシグナル:

  • 青い線は赤い線を下から横切るのは買いのシグナルになる。
  • 青い線は赤い線を上から横切るのは売りのシグナルになる。

雲の中にあるシグナル:

  • 青い線は赤い線を下から横切るのは買いのシグナルになる。
  • 青い線は赤い線を上から横切るのは売りのシグナルになる。

一目均衡表取引戦略

トレーダーはトレンドを識別するためにこの戦略を使用しています。信号は三つの基準に基づいて形成されている。価格は雲の下のラインを超えて上昇すること。価格は転換線を超えて上昇すること。価格は基準線を下回ること。

計算方法

  • 転換線、青 (過去9日間の高値+安値)/2
  • 基準線、赤 (過去26日間の高値+安値)/2
  • 先行スパン1 {(転換値+基準値)÷2}を26日先にプロットしたもの
  • 先行スパン2 {(過去52日間の高値+安値)÷2}を26日先にプロットしたもの
  • 遅行スパン (本日の終値)を26日前にプロットしたもの

一目均衡表はどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

NetTradeX取引ツールに一目均衡表の使い方についてビデオガイドをご覧下さい(英語のみ)。

インジケーターの使い方について詳しくは こちらです。