MACD「マックディー」をご紹介


目的

 MACDは長短2つの期間(eワラントチャートの場合は12日と26日)の移動平均線から算出したMACDとシグナル(MACDの移動平均)から売買のタイミングを判断するものです。

利用方法

MACDは、トレンドをはかるのに最もわかりやすい指標のひとつです。MACDとその移動平均線である「シグナル」の2つの指標から、買いサインと売りサインをわかりやすく判断できるようになっていて、短期のトレンドをきれいに出してくれます。上昇トレンドであればMACDは上昇、下降トレンドの場合はMACDの値も下落します。MACDは、「指数平滑移動平均(EMA)」をもとに算出されるのですが、そこら辺の仕組みは非っ常~にややこしいので、ここではハブきます。

MACDのシグナル:

  • MACDが、マイナス圏でゴールデンクロスしたら買い。値が0よりも下のときに、MACDがシグナルを上に突き抜けたら買いです。
  • MACDが、プラス圏でデッドクロスしたら売り。値が0よりも上のときに、MACDがシグナルを下に突き抜けたら売りです。
  • これに合わせてみると、上のチャートでは売買サインと値動きのタイミングが高い確率で一致していることがわかると思います。また、単純にMACDの値が0を超えたら買い、0を下回ったら売りという方法もあります。ただ、それは精度があやしいので、個人的には使わないほうが無難だと思っています。

MACD取引戦略

MACDはBuyとSellシグナルを得るツールです。MACD値はゼロ線のあたりに振動します。MACDとシグナル線がゼロより結構上になってしまいますと、これが買いすぎという意味でSellの信号になります。逆に、ゼロより結構したにいってしまいますとそれがBuyの信号になります。

MACDシステムではMACDヒストグラムが重要であります。ヒストグラムはMACD線の二つの違いの値を表している。ヒストグラムがゼロの上ですとMACD線は正の整列しているという意味です。しかしそのヒストグラムがゼロに落ちてきますと上昇トレンドが弱まっているということになります。

普段はヒストグラムがゼロラインを越えてからBuyと売りの信号になります。しかし弱まってきているヒストグラムは早期の警告を提供します。

計算方法

MACD = 短期EMA(12日) - 長期EMA(26日)
シグナルライン = 9日間の移動平均
ヒストグラム = MACDライン - シグナルライン

MACD「マックディー」 はどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

NetTradeX取引ツールにMACD「マックディー」 の使い方についてビデオガイドをご覧下さい(英語のみ)。

インジケーターの使い方について詳しくは こちらです。

電話