説明

SMA は、単純移動平均 (Simple Moving Average) の頭文字を取ったものです。価格曲線を滑らかにし、トレンドの特定向上に役立ちます。選択した SMA の期間が長いほど、局線は滑らかなものとなります。

移動平均は最も利用されているテクニカル分析の一つで、ある基準日を基点に、過去の一定期間における価格の平均値を連続して計算しグラフ化したものです。英語表記では「Moving Average (MA)」と表記されます。

利用

一般に移動平均線と言えば「単純移動平均線(Simple Moving Average)」を指し、その他「指数平滑移動平均(EMA)」、「加重移動平均(WMA)」などがあります。

  • 一般的な見方として、下記のような見方があります。
  • 短・中期の移動平均線が中・長期の移動平均線を上抜いたら買いシグナルとなります。
  • 逆に、短・中期の移動平均線が中・長期の移動平均線を下抜いたら売りシグナルとなります。
  • また、移動平均線と価格との関係に着目した場合、価格が移動平均線を上抜いたら買いシグナル、下抜いたら売りシグナルと見ます。

移動平均(Moving Average)はトレンド追随型の代表的なテクニカル指標で、過去の一定期間における価格の平均値を連続して計算しグラフ化したものです 。移動平均線の方向性やそれに対する価格の乖離から中長期的なトレンドの判断をします。

  • その性質上、実際のトレンドに対して事後的で後れをとる指標の為、期間の長い移動平均線程タイムラグの影響が大きくなります。
  • EMA(指数平滑移動平均)とは、このタイムラグを取り除くため、直近価格にウェイトを高めてより最新の価格動向を探ろうとするものです。EMAを用いることにより、トレンドが大きく変換した場合、それ以降の傾向を重視したトレンド反映がされます。

移動平均取引戦略

移動平均取引戦略は基本的にトレンドを追求することです。目的は新しいトレンドとトレンドレバーサルの信号です。従って、テクニカル分析と違ってトレンドの動きを確定することを目的をしましょう。平均移動のシグナルがより遅いです、新しいトレンドが始まってからそれを確認できます。

計算式

計算式(MA)=「(n日間の終値の合計)÷n日」
※過去n日間の場合

計算式=「前日のEMA+α×(当日終値-前日のEMA)」

移動平均 (MA)はどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

NetTradeX取引ツールに移動平均 (MA)の使い方についてビデオガイドをご覧下さい(英語のみ)。

インジケーターの使い方について詳しくは こちらです。

電話