移動平均オシレーター(OsMA)をご紹介


説明

Moving Average of Oscillator(OsMA)は、MACDのシグナルと基準線のクロスや乖離幅を判り易く表したインジケーター。上にOsMA、下にMACDを入れてみました。

利用

MACD のシグナルと同様で、

  • 基準線を下から上に抜けた時に、「買い」で、
  • 基準線を上から下に抜けた時に、「売り」。

計算式

OsMA = MACD – Signal

移動平均オシレーター(OsMA) はどう利用すればいいですか?

IFC Marketsが提供する取引ツールをダウンロードして、インジケーターをご利用下さい。

NetTradeX取引ツールに移動平均オシレーター(OsMA) の使い方についてビデオガイドをご覧下さい(英語のみ)。

インジケーターの使い方について詳しくは こちらです。

電話