指値注文の出し方


ポジションは時価でなくても開けることが出来ます。その場合、指値注文がお使いいただけます。市場価格が注文した金額に達した時、自動的にポジションが建ちます。

指値注文をする方法:

  • メインメニューから「取引」を選び、「注文を発注」をクリックしてください。
  • 相場ウインドウを右クリックして、呼び出したメニューから「注文を発注」をお選びください。
  • チャートのウインドウに取引商品を右クリックして、呼び出したメニューから「注文を発注」をお選びください。
  • 「オープンポジション」、「全てのオープンポジション」、「注文」のタブに取扱商品の注文・ポジションを右クリックして、呼び出したメニューから「注文を発注」をお選びください。

「注文」のウインドウに注文の設定が選ばれることになります。

「注文」のウインドウは3つの注文タイプがある:

  1. 待機注文
  2. ОСО (「オーシーオー」とは2つの注文を同時に出して、一方が約定したらもう一方が自動的にキャンセルされる注文)
  3. 有効化

注文のタイプをクリックしてお選びください。

待機注文は市場価格がご指定した値に達した時、ポジションを開設する注文です。



OCO(オーシーオー)は2つの注文を同時に出して、一方が約定したらもう一方が自動的にキャンセルされる注文。複雑なマーケット変動に反応する可能性があります。



有効化の注文はご指定した注文有効化の価格で待機注文またはいくつかのOCO注文が出される可能な注文です。



注文のウインドウの設定:

  • 「取扱商品」‐変更したい場合は、ドロップダウンのリストから選ばれることになります。
  • 「期間」‐注文が有効である期間です。「GTC」-注文は実行されない内に、そしてトレーダーが注文をキャンセルにしない内に有効です。「デイトレード」-注文は取引セッションが終了同時に無効になります。
  • 「価格」-ポジションが開設される価格です。
  • 「取引量」-ベース通貨・資産で表示されている取引量です。
  • 「取引方向」-買い・売り。
  • 「両建て」-両建てを有効にします。
  • 「損切り価格」-指値のポジションの損切り価格です。
  • 「利食い価格」-指値のポジションの利食い価格です。
  • 「トレーリング・ストップの逆指値までの値幅」-指値のポジションのトレーリング・ストップの値幅を設定できます。
  • 「OK」-注文の設定完了、「中止」- 注文を中止します。

出した注文は「注文」のウインドウに表します。

注文を削除するには、「注文」のウインドウに選ばれた注文を右クリックして、「注文を全部削除」をお選びください。

先に出した注文を編集するには、「注文」のウインドウに選ばれた注文を右クリックして、呼び出したメニューから「「編集」をお選びください。「注文」のウインドウが開きます。注文の設定はご変更いただけます。

電話