新しい会社四季報・グーグルとアップル


前のレポートには、当社独自開発のポートフォリオ分析・取引法を利用しNetTradeXプラットフォームにて2つの銘柄におけるスプレッドの取引例がありました。

グーグルの比でアップル株の上昇が鈍く、下落が早く進むと予想しました。

1月には、グーグルとアップルは新しい業績を公表しました。グーグルの利益上昇はアップルのほうを上回っています。

これからGoogle社の業績を見てみましょう。

予想レポート予想レポート予想1予想2
Q4 Dec-12Q1 Mar-13Q2 Jun-13Q3 Sep-13Q4 Dec-13Q4 Dec-1320132013Q1 Mar-14Q1 Mar-14
利益、十億ドル12,1613,9714,1114,8916,6816,8659,6559,8316,2416,58
増減率% (前年比)49,50%71,70%46,70%31,40%37,20%38,66%40,00%16,30%18,70%
EPS、ドル10,5911,589,5610,7412,2212,0144,1043,8912,3212,27
増減率% (前年比)11,50%14,90%-5,50%18,90%15,40%13,41%10,20%6,40%6,00%
純利益率%29,20%27,90%22,90%24,50%24,50%20,10%24,90%25,80%25,40%
出典:Reuters

グーグル社は2013年Q4と2013年の年間業績を公表しました。グーグルの四半期の売上高は38,66%高、年間は40%高だ。EPSは年間10,2%高で、収益性は24,9%だった。
予想1 は享年にロイターで発表し、予想2は今年の2月に発表しました。売上高予想の低下は純利益率を25,4%まで減収されました。

アップルの業績:

予想レポート予想1予想2
Q1 Dec-12Q2 Mar-13Q3 Jun-13Q4 Sep-132013Q1 Dec-13Q1 Dec-13Q2 Mar-14Q2 Mar-14
利益、十億ドル54,5143,6035,3237,47170,9157,4657,5945,5143,57
増減率% (前年比)17,70%11,30%0,90%4,20%5,40%5,70%4,40%-0,10%
EPS、ドル13,8110,097,478,2639,7514,0914,5010,7510,19
増減率% (前年比)-0,40%-18,00%-19,80%-4,70%2,00%5,00%6,50%0,90%
純利益率%24,00%21,90%19,50%20,00%22,10%22,70%21,00%20,80%

アップルはQ1の業績を公表しました。アップルは会計年度が9月30日に完了しています。したがって、Q4は会計年度のQ1となります。
利益とEPSは予想を上回りました。ロイターは2014年Q2の予想を下回りました。ロイター予想通り、利益は4,3%減収し、EPSも5,2%減収しました。

グーグルとアップルのレポートを比べて、グーグルのほうは早く成長すると思われます。レポートを比較しましょう。

GoogleApple
マネーフローの収益性、%31,231,4
営業利益率、%23,328,7
流動比率4,61,7
総資本回転率0,60,9
Р/Е31,712,7
時価総額381,9457,2

グーグルのほうは、債務比率が大きいです。アップルのほうはР/Еがグーグルと比べって小さいです。現在の比率は(Р/Е Google)/(Р/Е Apple)31,7/12,7は2,5です。今年の予想は2,1です。1月は1,8でした。



Google/Apple合併所品はР/Еが1,8であっても 2014年1月7日から31日まで15%上昇。比率は2,1だと、株式スプレッドは続伸すると思われます。

投資者は、グーグルの利益は上昇し、Р/Еは減収すると思われます。

上記のレポートを分析して、Google/Appleスプレッドは新しいレポート発表まで上昇するのを見込む。グーグルはレポートを4月14日に発表し、アップルは21日に発表しています。

ご要件・ご要望:analytics@ifcmarkets.com



電話