AUD USD テクニカル分析 | AUD USD 予想


  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

オーストラリア準備銀行が、追加緩和を実施する必要がなくなる可能性を示唆したのと時を同じくして、世界市場の混乱が起こった。最近数日の世界市場の下落を受けて、スワップトレーダーは、RBAが過去最低水準である2%の政策金利を年末までにさらに引き下げる確率を約67%として織り込んでいる。この確率は1週間前の約39%から上昇した。RBAが国内の経済活動がおおむね改善されているとの認識を示したことで、8月前半はトレーダーの間で追加的な金融刺激実施の見通しが後退していた。

本日は、豪ドル・米ドル先物相場を分析してみましょう。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は5日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の2.0%とすることを決定した。豪ドルの下押し圧力を維持しつつ、景気てこ入れをはかることが目的。利下げは今年に入ってから2度目となる。

本日は、豪ドル・米ドル相場を分析してみましょう。中国による預金準備率の引き下げを受け、逃避需要が後退した米ドルは下落。

オーストラリアの景況感指数が1:30(CET)に発表。今月は景況感指数は4ポイントまで反落して豪ドル安・米ドル高が進行。

本日は、豪ドル・米ドル相場を分析してみましょう。豪ドル米ドル相場は8ヶ月間の安値0.8661へ反落して、豪ドル安・米ドル高が進行。最近相場はサポートライン0.8839から0.8934へ上昇し、次のサポートラインは0.8661にある。

豪ドル・米ドル相場は9ヵ月間ぶりの高値0,9502からサポートライン0,9240へ反落して、豪ドル安・米ドル高が進んでいる。トレンドラインは反落し、下げ相場を示す。サポートライン0,9240破壊の際、反落が可能となる。


下記のチャートは、シカゴ・マーカンタイル取引所の先物やオプションなどの取引量だ。

AUDUSD

MACD指数は反落して、下げ相場を確認。ストキャスティククは売りすぎレベルの上にある。サポート線0,9207破壊の際、豪ドル安・米ドル高が進むと思われる。...
豪ドル・米ドル相場は、長期的な上げ相場にあり、1日足チャートによるとトレンドの反転は可能だ。次のサポートラインは0,9240にあり、破壊の際、トレンドの反転が可能となる。


下記のチャートは豪ドル・米ドル相場の取引量です。

AUD/USD

MACDは下落し、ストキャスティクスはシグナルラインを下回った。ターゲットは0,9207だ。


米雇用統計は14:15(中央標準時、サーバー時)に発表する。民間調査会社ADPによる5月の雇用統計は前月比反落するのは見込まれている。

AUD/USD

豪ドル・米ドル相場は、日中に下落し、長期的に0.9406/0.9225レンジに推移。ダブルトップなので、トレンドの反転が可能。相場は、上げトレンドラインを破壊し、0.9263へ反落。


サポートレベル0.9199の下に下落すれば、トレンド反転パターンの構築が完了。OsMAのようなオシーレターによると、豪ドルの反落が見込まれている。しかし、MACDはゼロの上で、Stochasticは売りすぎに成った。0.9199への下落が見込まれている。