テクニカル分析 AUDUSD : 2014-12-10


  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

RBNZ 政策金利公表

AUD/USD:H4を見てみよう。プライスはD1とH4の下降トレンドチャンネル範囲内で動いている:セッション中に弱気傾向が観察される。 ドンチャン·チャネル(13)も、トレンドを確認し、ダウントレンドのバイアスを実証している。現時点ではRSI-Barsの発振器を見ると着実な方向の兆候がない:買われ過ぎレベル53.7114%が形成したことをインジケータで3回確認。我々は新高の形成がフラクタルサポートレベルの0.82183と一致すると考えている。このレベルに到達したら確認信号になるだろう:パラボリック値が弱気スロープとドンチャン·チャネルが破壊される示すでしょう。ロスカットはビルウィリアムズのフラクタルによる、0.83743上に置くことをお勧めする、ラボリック履歴値とドンチャン·チャネルの上限。

technical-analysis-charts-AUD-USD

ポジショーン開封後ロスカットは次のパラボリック高値の後に移動される。毎日、新しいビルウィリアムズフラクタル形成(5燭台)の後に更新。
PositionSell
Sell stopbelow 0.82183
Stop lossabove 0.83743

詳しい情報は こちらから


【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

電話