テクニカル分析 EURUSD : 2014-04-14


先週末に市況は先進7カ国(G7)の首脳会議の結果を待った。投資家は米国と欧州連合がロシアに対して新たなビジネス関係を制限する制裁措置を導入するとの恐れがありました。制裁は先進国の資産の損失に反映し、ロシアからの投資の縮小に影響をあたえる可能性があった。特にロシアの最大の貿易相手である欧州連合の経済に大きな影響が可能だった。しかし、ロシアの象徴的な除外やエネルギー依存低下など以外の経済的な決議がされなかった。この結果、今週の金融市場は経済投票の発表に対してより堅調に反応すると見込まれる。
今日、22時30分(日本時間)に米国で小売売上高統計(Core Retail Sales)が発表予定。米商務省が公表するボラティリティの高い交通料を除外し、小売業対売上高在庫比率を示す月刊の指数。消費者信頼感と国内需要による。予想の0.5%を上回る場合は、ドルが上昇可能。

EURUSD

ユーロ対ドルEUR/USDの4時足を分析してみましょう。欧州市場のユーロ・ドル相場は堅調に下落。RSI-Bars指数で確認。H4のトレンドラインが破壊し、ParabolicSARトレンド指数は転換して下がる。Pivotサポートラインが破壊した。相場は続落、1.38330水準での突破が予測。その水準以下に指し値の売り注文をだす方がいい。

ストップは1.39009の最新高値。前Parabolic SAR指数値とPivotのレジスタンスレベルと同じから、ストップ注文を出したらいい。ターゲットは1.37817の最新安値。トレンド指数で確認可能。ストップはParabolicSAR指数とともに移動することができる。米小売売上高統計の発表の15分の前に買のポジッションを開設する方がいい。予想通りに0.5%となる場合、そして予想を下回る場合にはポジションをすぐ決算すればいい。トレンドが変更し、予測されなかったマーケットの動きが発生している中のだ。

相場動向下げ
ポジション開始の価格1.38330以下
ターゲット1.37817以上
ストップ1.39009以上

【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。