テクニカル分析 GBPUSD : 2015-01-13


  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

コレクション、またはトレンド?

今日CET10:30時英国におけるCPI/Consumer price indexが公表されます。この数値は各月、国家統計局が公表する、前年の値と比較した消費者物価指数です。この形式ではインフレ率に季節要因の影響を回避できます。CPIは様々な商品やサービスに基づいて算出されます。これは英国経済の主要なインフレ指標であるとみなされ、Bank of Englandがベース貸出金利を変更する場合に考慮される統計数値です。したがって、景気がいいときのCPIの増加はポンドの上昇につながります。 適度なインフレは徐々の経済成長の指標としてとられています。デフレは、EUがデフレに入った背景に、英国CPIの増加は投資を誘致し、国の通貨を強化します。我々は本日発表のニュースは英ポンドのボラティリティ勢いを上げると考えています。

GBP/USD

GBP/USD通貨ペアのH4チャートを見てみましょう。価格は(赤楕円で表示)弱気レジスタンスの「ダブルトップ」と1.50305の強いMNサポートラインの間に配置されています。抵抗線は以前のサポートレベルの1.51943に位置しています。しかし、強気トレンドチャンネルが形成し始め、パラボリック値も上昇トレンドのサポートラインに沿って移動しています。我々はこれからはブルズが価格の方向を決定すると考えています。RSI-Barsもこのトレンドを確認しています。憂慮すべきである唯一のものはトレンドラインの内訳です。保守派のトレーダーにはRSI-バー発振器の確認、55.5446%でのブレイクアウトを待つことをお勧めします。我々は、それは価格がダブルトップレベルを克服してから起きると信じています。そのレベルで買い注文を配置することをお勧めします。ストップロスはMNサポートラインに配置しましょう。このマークは、ビルウィリアムズはフラクタルと上ドンチャン·チャネル境界、パラボリック履歴値によって確認されています。注文執行後に、ストップロスを次のフラクタル高い近くに移動させましょう。そこで、分岐点にありそうな利益/損失率を変更している。

GBP/USD

上昇トレンドが持続するには十分な理由があります。シカゴ·マーカンタイル取引所で取引される先物ボリュームが大幅に下落しています。現在の毎日のGBPのリトレースは新しいトレンドの形成ではないので、我々はポンドが増加すると信じています。最も慎重な投資家は125000契約のレベルがアウトパフォームされることを待つことをお勧めします。

ポジション買い
Buy stop1.51943
Stop loss1.50305

テクニカル分析による取引戦略の詳しい情報はこちらにクリックください。


【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

電話