USD CHF テクニカル分析 | USD CHF 予想


  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

本日は、米ドル・スイスフラン相場を分析してみましょう。スイス国立銀行(中央銀行)は18日、預金金利を過去最低に維持した。スイス・フランは過大評価されたままだとし、これが経済に及ぼす影響を抑えるため追加措置を辞さない姿勢も示した。 中銀預金金利 のマイナス0.75%での据え置きは、予想された通りだった。

本日は、米ドル・スイスフラン相場の4時足チャートを分析してみましょう。米ドル・スイスフラン相場はサポートライン0.91102へ減収して、米ドル安・スイスフラン高が進む。

本日は、米ドル・スイスフラン相場を分析してみましょう。1日足チャートにより、米ドル安・スイスフラン高が進んでいる。リスク回避の背景に、ユーロ・スイスフラン相場は3ヶ月間の安値へ反落した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、原油安の経済への影響が一過性のショックにすぎないと片付けるが、債券トレーダーは同意していない。最近の原油安を受けてジャンク級(投機的格付け)のエネルギー関連証券を投資家が投げ売りし、インフレ見通しも下方修正される中で、エネルギー関連の高利回り債は今月に入り3.4%急落し、物価上昇リスクに備えるドル建て債も2.1%値下がりした。欧州や中国、日本では景気低迷から中銀が緩和策を取っているが、FOMCは引き締めを準備している。これを受けてドルに上昇圧力が掛かり、前回FOMC会合があった1月28日以降、ドルは4%余り上昇。米国の輸出が相対的に割高となり、成長にとって向かい風になる恐れがある。

EUR/CHFのH4チャートを見てみましょう。昨日、スイスからいくつかの経済データが出ました。それらのデータは予想より少しよく、その中デフレが落ちていました。次のスイスのよる主な経済データは2月18-19日に出ます。その時までスイスがユーロに対し強化する可能性があります。グリースクライシスと明日のドイツインフレデータの影響でユーロの価値が落ちること考えられます。

今日CET14:30に米国におけるUnemployment Claims(失業クレーム)が公表されます。このデータは労働省により毎週公表されます。この数値は米国経済の強さを評価するのに影響のある数値です。この数値は長期·中期的な投資家にとっては需要なデータであります。したがって、このデータは流動性の高い通貨に比べて、米ドルの勢いのボラティリティを引き起こすべきだと考えています。

本日は、製造業耐久財受注や失業保険申請などの米経済キーインジケーターが14:30(中央標準時)に発表。

本日は、米ドル・スイスフラン相場を分析してみましょう。相場は上げトレンドラインを下回り、米ドル安・スイスフラン高が進むと思う。RSI-Bars指数によると、通貨ペアは下げ相場に入っている。Parabolic指数も下げ相場を確認。Donchianチャネルはフラクタルサポートライン0.9358を破壊すると売りの方がいいだ。損きり注文は0.9687に出せばいいだ。

本日は、カナダの失業率雇用時計などが14:30(中央標準時)に発表。良好な雇用時計発表を受け、米ドル・カナダドルが反落するのを見込む。このボラティリティ反発を使いましょう。

本日は、NY Empire State(14:30 CET)やIndustrial Production(15:15 CET)などの最重要な指数が発表。本日米ドル・スイスフラン相場を分析してみましょう。

電話