GBPUSD の取引


外為GBP/USD

gbpusdgbpusd

タイプ:外為

グループ:メジャー通貨ペア

取引状況:クローズ 取引
1.3122
価格変更:前日比または取扱いの最終日比
Pre-closing
1.3102 1.159
オープン価格
1.3125
本日、高値
1.3143
本日、安値
1.3109
前日比
1.3122

GBPUSD取引条件

取引の時間 GBPUSD

週日サーバーの時間取引時間
月曜日 00:00 — 24:0000:00 — 24:00
火曜日00:00 — 24:0000:00 — 24:00
水曜日00:00 — 24:0000:00 — 24:00
木曜日00:00 — 24:0000:00 — 24:00
金曜日00:00 — 22:0000:00 — 22:00

GBPUSD | メジャー通貨ペア 通貨ペア

ポンド(GBP) – ポンドは、第二次世界大戦の前までは、米ドルと並ぶ世界の基軸通貨でした。しかしその役割を終えた現代でもポンドの為替取引は活発です。しかも外貨準備通貨として第3位(1位 米ドル、2位 ユーロ、4位 日本円)の地位にあり、今でも高い流動性を誇るメジャー通貨です。またイギリスは中央銀行を頂点とする世界有数の金融システムを形成し、ロンドンは世界三大金融市場の1つとして、為替相場でも大きな影響力を持っています。

  • ポンド/米ドルは流動性が高く、ユーロ/米ドル、米ドル/円に次ぐ取引量があります。しかし投機的な取引が多いと言われ、激しい値動きの一因になっています。動きの特徴は米ドルと逆方向へ行く傾向にあり、ユーロからの回避通貨として買われる場合もあります。このため英・米・欧のニュースには注意が必要です。またポンド/円の取引量は米ドルやユーロとのペアに比べて少なく、値動きがより激しくなり、厳密なリスク管理が重要です。
  • イギリスはEUの加盟国ですが、ユーロの導入は実現していません。このためユーロ圏での金融政策と、イギリス国内での金融政策が異なる場合があり、ポンドを統括する英中央銀行(イングランド銀行=BOE)内の金融政策委員会(MPC)の動向はつねに市場の注目を集めます。またオイルマネーとの関係性があると言われ、原油高で中東勢による対外投資が活発化すると、米・英の経済状態とは無関係にポンド/米ドル相場が大きく動くこともあります。

信頼性の高い海外FX会社とFX取引

50+ 通貨ペア

弊社は50以上のメジャー、マイナー、エキゾチック通貨ペアを提供しています。

最高約定

Instant trade execution.
インスタント約定 タイトな固定スプレッド

合併商品 / PCI モデル

独自のポートフォリオを作成し、自分の取引戦略を成功させてください。 弊社プロのアナリストが作ったPCI ・合併商品から選択

最高の取引ターミナル

弊社独自のNetTradeXターミナルMetaTrader 4 取引ターミナル
大変お手数をお掛けし申し訳ございませんが、何も見つかりませんでした。
電話