合併商品:&JPY_Index


取引状況:クローズ 取引
価格変更:前日比または取扱いの最終日比

説明

この通貨指数は日本円のほかの通貨ペアに対する分析と取引として使えます。このポートフォリオは流動性の高いEUR, USD, GBP, AUD, CHF, CAD通貨を含めています。

この&JPY_Index合併商品の次のような良い点があります: (a) 日本経済によるイベント・データによるこの指数の反応は最もはっきりとしています。(b) この指数のほかの国の経済データによる反応性は低いので、日本経済背景の評価する良い分析となります。

アイエフシーのみが提供している合併商品へ投資するため、無料な口座を開設し、NetTradeX取引ツールをダウンロードして下さい。

商品のタイプをお選び下さい。

ストラクチャー: 商品とボリューム
パラメター: 合併商品の取引条件
取引時間: 合併商品の取引時間
使い方: 合併商品は、どう使えばよろしいでしょうか?

組み立て

パラメーター

取引の時間

応用

&JPY_Index資産取引量 / 1つの合併商品パーセンテージ米ドルでの取引量 / 1つの商品単位
ベースパート1JPY100097.700985.000850.0000JPY
クォートパート1AUD242.25119.2800192.8000AUD
2CAD247.83819.9100199.1000CAD
3CHF180.28319.9100199.1000CHF
4EUR154.41817.4800174.8000EUR
5GBP131.21019.9100199.1000GBP
6USD35.1003.510035.1000USD
  • スワップ値や1ピップス値(米ドル)の数量
  • 1ピップス量
  • レバレッジ100倍での証拠金(米ドル)
  • 1
  • 0.00001
  • 0.20 USD

作成日付

2015-01-28
StandardBeginnerDemo
スプレッド
ピップス
393939
注文設定
可能値幅
---
Swap (long/short) in pips on Vol -0.082 / -0.048-0.082 / -0.048-0.082 / -0.048

取引量
>=73.11 0.73 – 101.93 >=0.73
取引量Volの1ピップス値 0.00940.00940.0094
週日サーバーの時間取引時間
月曜日 00:00 — 24:0000:00 — 24:00
火曜日00:00 — 24:0000:00 — 24:00
水曜日00:00 — 24:0000:00 — 24:00
木曜日00:00 — 24:0000:00 — 24:00
金曜日00:00 — 22:0000:00 — 22:00

Bank of International Settlementからの2013年4月の研究によると次の7通貨の外国為替取引ボリュームは最も大きかったことを見れます。

通貨ボリューム(%)
USD43.5%
EUR16.7%
JPY11.5%
GBP5.9%
AUD4.3%
CHF2.6%
CAD2.3%

テーブル 1. 中央銀行における為替ボリューム - 2013年4月


上記のテーブルにてその7通貨とそれぞれボリュームを見れます。

この合併商品作成にはJPYはクオト部分と考えほかの6通貨をベースパートで使えます: USD + GBP + EUR + AUD + CHF + CAD. その各通貨の量は次のように決定します。

下記のテーブルはJPYに対する最も流動性の高い通貨2013年BISの研究によるボリューム表示します。

通貨ペアボリューム %残留影響シェア %
USD/JPY18.33.9
GBP/JPY0.122.1
AUD/JPY0.821.4
CHF/JPY0.122.1
EUR/JPY2.819.4
CAD/JPY0.122.1

テーブル 2. 通貨ペア2013年4月一ヶ月取引量


これらの通貨ペアにおけるJPYの総合取引量は22.2%で、残留影響シェアは総合シェアと通貨ペアの違いと同じです。

インデックスの構造は次のように表します。

JPY / ( W1*USD + W2*GBP + W3*AUD + W4*CHF + W5*EUR + W6*CAD )

Wiはテーブル2の残留影響シェアと同じ割合のウェイトを与えます。こうすることで指数の日本経済におけるデータ・イベントによる反応を高めます。

&JPY_Indexは&JPYUSD(USDJPYの逆引用)のようなほかの商品と比較的分析としても使えます。例えば、下記の画像を見ますと&JPYUSDが&JPY_Indexより早く落ちたことを見れます。それはドルが円安の最も大きな原因だったことの意味をします。

Fig. 1

この同じ分析を長年でして見ますと2008年は&JPY_Indexが&JPYUSD早く上昇したことを見れます。

Fig. 2

ほかの経済の影響を抜き、日本経済の変化だけに注目し取引したいトレーダにはこの商品は最も魅力的だと考えられます。

ベースやクォート資産の上限(米ドル)=1000.00;1000.00
電話