テクニカル分析 PCI : 2014-04-04


本日はポートフォリオ取引・分析法で作成したポートフォリオを分析しましょう。ポートフォリオにある資産はS&P500種のトップ10から選ばれることになる。ランキングは2013年12月31日に固定した会社の資本化による定める。詳細はこちらだ。S&P500種のトップ10にあるIT、産業、エネルギー、金融、消費財などの米経済の各部から1つ株が選ばれた。各資産のウエートは資本資産価格モデル(Capital Asset Pricing Model, CAPM)により計算された。最適化の結果は、ポートフォリオのリターン/リスクレシオが増加。資本資産価格モデルについて詳しくはこちらです。
GOOGLE (GOOG)IT33%
General Electric (GE)産業14%
Chevron (CVX)エネルギー21%
Procter&Gamble (PG)消費財26%
JPMorgan Chase (JPM)金融6%
ウエート最適化の期間は26.06.2013-14.03.2014だ。この期間は、S&P 500指数のラスト上昇の期間だ。このポートフォリオの日足チャートは、NetTradeXツールで構築しましょう。

PCI Portfolio

相場は、日足の上昇トレンドラインを突破した。RSIの相対力指数は上げ相場を確認した。日足と週間足は相場が上げトレンドにある。この新しいトレンドはParabolicSAR指数で確認可能。相場は先週に13日移動平均(赤い線)を上回り、昨日BollingerBandsの上限を上回る(13,2)。 この結果、買いの方がいいだ。
合併商品のHigh/Lowクォートはおよそのものだ。0.8499のレジスタンスレベルに買いの注文を出す方がいい。ターゲットはフィボナッチレベル161.8%の近い高値の0.8598だ。ParabolicSAR指数とBollingerBandsの上限で確認可能。

相場動向上げ
ポジション開設の価格0.8499以上
ターゲット0.8598以下
損切り注文の価格0.8309以下

アイエフシーとともに取引を開始
【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。