ドル下落、米政府機関閉鎖で売り圧力


10/1 日
米政府機関の一部が1日閉鎖された。政府機関閉鎖は17年ぶり。最大80万人の連邦職員が自宅待機となり、国立公園など一部の政府サービスが停止する。米議会は暫定予算案をめぐるこう着状態を打開できなかった。米経済の成長は0.9-1.4%まで押し下げられると試算している。


民主、共和両党間で直ちに協議を再開する予定はなく、一部議員の間では、米国初のデフォルト(債務不履行)の回避に必要な債務上限引き上げをめぐる争いに油を注ぎかねないとの懸念が高まっている。米ドル指数は80.00をつけ、7ヶ月間の安値79.66までの急落が可能。


USD Index


オーストラリア準備銀行(中央銀行)は1日、政策金利 を過去最低水準に据え置くことを決めた。これまでの利下げの効果がまだ経済に浸透中で、既に資産価格を押し上げつつあると判断した。オーストラリアドル・米ドル相場は0.9284から0.9419へ反発した。


安倍晋三首相は、消費税率(現行5%)を来年4月から8%に引き上げることを、1日開いた政府与党政策懇談会で表明した。日経225は上昇して、ドル円相場は一時98円71銭までドル高・円安が進む場面が見られた。


USDJPY


米国債の事実上のデフォルト(債務不履行)の危機感が強くなり、マーケットの許容限度を超えるので、難しい円高局面になる可能性がある。



【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。