テクニカル分析 USDCAD : 2015-01-20


  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

Manufacturing sales

今日CET14:30時にカナダのManufacturing salesデータがカナダで発売されます。このデータはカナダ統計局よりが毎月公表され個人消費や雇用の指標です。従って、この統計は長期投資を目的とした投資家にとっては重要です。このデータのリリースは流動性の高い通貨に対する米ドルのボラティリティ勢いを引き起こす可能性があります。

technical-analysis-charts-usd-cad

きょうは投資を多様化するために、USD/CADのD1チャートを見てみましょう。価格は強い毎週抵抗線を交差し、新しいデイリ上昇チャネルを形成しました。ParabolicSAR値はトレンドラインに沿って移動し、その強度を高めています。RSI-Barsも傾向を確認します。 価格は常にチャネルピークを更新し、上部の境界線に沿って動いています。次の強気の勢いが1.20515で交差フラクタル抵抗の後に起こると信じています。このレベルはBuyの注文をおくことを進めます。保守的な投資家は価格ブレイクアウトを確認するために85.0433%の発振ブレイクアウトを待つことお勧めします。ストップロスはトレンドラインと放物線履歴値により確認される1.17792の下に設定できます。オーダー開封後、ストップロスは次のフラクタルLow近くパラボリック値の後に移動されましょう。そこで、分岐点にありそうな利益/損失率を変更している。

USD/CAD

現時点ではシカゴ·マーカンタイル取引所で取引されるCAD先物のボリュームによって傾向を確認できない状態です。最も慎重な投資家は強気の市場が確定するまでこのレベルのブレイクアウトを待つことをお勧めします。こちらからボリュームを確認できます。

ポジションBuy
Buy stop1.20515
Stop loss1.17792

テクニカル分析による取引戦略の詳しい情報はこちらにクリックください。


【重要な注意事項】

本レポートは、当社の親会社であるアイエフシーマーケットが作成したものの邦訳です。本レポートには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本レポートは、アイエフシーマーケットが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。アイエフシーマーケットおよび当社は、本レポートに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。

電話