テクニカル分析


  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

オーストラリア準備銀行が、追加緩和を実施する必要がなくなる可能性を示唆したのと時を同じくして、世界市場の混乱が起こった。最近数日の世界市場の下落を受けて、スワップトレーダーは、RBAが過去最低水準である2%の政策金利を年末までにさらに引き下げる確率を約67%として織り込んでいる。この確率は1週間前の約39%から上昇した。RBAが国内の経済活動がおおむね改善されているとの認識を示したことで、8月前半はトレーダーの間で追加的な金融刺激実施の見通しが後退していた。

ドル・円相場が1ドル=121円台前半で堅調に推移した。世界的な株価上昇を背景にリスクセンチメントの改善が相場を支えた。午後4時26分現在のドル・円相場は121円ちょうど前後。上海株などアジア株が続伸する中、121円台前半を中心に底堅く推移した。一方、上値は121円31銭までとなり、前日の海外市場で付けた24日の急落後の戻り高値(121円40銭)には届かなかった。

本日は、ユーロ・ドル相場の4時足チャートを分析してみましょう。ユーロは対ドルでサポートライン1.09186を破壊して、ユーロ安・ドル高が進行。RSI-Bars指数は下げ相場を確認。

本日は、米ドル・カナダドル相場を分析してみましょう。カナダ銀行(中央銀行)は15日、政策金利を引き下げた。利下げは今年に入って2度目。原油価格下落の影響で上半期に景気が縮小したと指摘し、完全な回復はほぼ2年先になるとの見通しを示した。カナダ中銀は上半期の国内総生産(GDP)が「小幅に縮小した」とみられると指摘。7-9月期はエネルギー以外の輸出が改善するため、生産は回復するとの見通しを示した。政策金利 である翌日物金利は0.5%と、従来の0.75%から引き下げられた。前回の利下げは1月。

本日は、オレンジジュース先物相場を分析してみましょう。3月には相場が3年間の安値まで反落して、上昇を開始。業界の専門家によると、需要の冷え込みと併せて、フロリダ州で2000年代に起こったマンション建設ブームや、作物が大きな被害を受けた04年と05年のハリケーンも市場の調整と生産の縮小に影響を及ぼし、先物市場への参加者を減らしたという。米農務省によると、米国最大のオレンジの産地であるフロリダ州の生産高はピークをつけた1998年の2億4400万箱(1箱90ポンド)から13年には1億3340万箱に落ち込んだ。

本日は、トルコリラ・日本円相場を分析してみましょう。トルコには、政策金利が7,5%で、10年間の国債 は利益が9,15%だ。日本は、10年間の国債は利益が0,46%だ。トルコリラは対日本円で入金可能だ。

本日は、大豆先物相場を分析してみましょう。6月のは相場は5年ぶり安値まで反落して、その後に上昇を開始した。米中西部の大豆農地では降雨が続き、暴風雨も発生している。米政府のデータによれば、世界最大の大豆生産国である米国の主産地の多くで6月の降雨量が過去最高に達した。既に在庫は予想以上に減少しており、雨で生育に被害が出るとの見方から大豆相場は上昇している。6月には5年ぶりの安値を付けた。

本日は、砂糖先物相場を分析してみましょう。砂糖先物相場は100ポンドでの米ドル表示です。

本日は、米国株価指数SP500先物相場を分析してみましょう。指数の相場は米ドル表示だ。9日の中国株式市場で、上海総合指数 は2009年以来の大幅高で終了した。当局が投資家の信頼回復に向けた措置を矢継ぎ早に打ち出した。上海総合指数 は前日比5.8%高の3709.33で引けた。一時は3.8%安まで下げる場面もあり、値動きが荒かった。同指数構成銘柄のうち約600銘柄が1営業日の値幅制限いっぱいの10%高となった。この日の本土市場では1439銘柄、上場銘柄全体の50%の売買が停止された。CSI300指数は前日比6.4%高。中国当局はここ2週間ほぼ毎日、株価対策を発表。申万宏源証券のアナリスト、チエン・チミン氏(上海在勤)は「この日の上昇によって、取引再開時の売り圧力はある程度緩和されるかもしれないが、それが持続可能かどうかは次に講じられる政策次第だ」と述べた。

本日は、フランス株価指数FR40先物相場を分析してみましょう。

電話