通貨ペア・株・商品用の一つの取引口座




シングル取引口座は複数の金融商品を一つのトレードターミナルにて取引できる口座のことです。

近年、為替やCFD取引サービスを提供している会社が増えています。従って、このブローカー業界における競争率も高まってきています。結果として、それはブローカー企業のサービス改善につながっています。

まず、スプレッドが徐々にタイトになりました。スプレッドが限界までタイトになり、お客様にアピールするには幅広い商品の並びを提供する必要が出てきています。以前、ブローカーはたった一つの為替取引サービスを提供しましたが、現在は様々な商品(株、指数、商品)をシングル取引口座を通じて提供する条件普通になって来ています。


現在、このサービスを提供するには二つの仕組みが御座います。

その二つの仕組みを分析してみましょう。

商品先物為替ブローカー口座ブローカーシングル取引
口座
顧客

一つ目の仕組みではブローカー企業が米国、欧米、アジア各証券取引所にダイレクトアクセスを持っていることを報告し、顧客にアピールします。ひと目でみると魅力的に感じますがそれを深く調べてみるといくつか疑問点が上がります。証券取引所にダイレクトアクセスを持つにはその取引所で登録され、ライセンスを持つ必要があります。従って、すべての株式をシングル口座で取引できるためにはそのターミナルは各取引所でライセンスを持っている必要があります。この条件を多くのブローカー企業は満たしていません。

なので、ダイレクトアクセス提供は実はなく顧客の注文はほかのブローカーを通じて約定されていると考えられます。その場合、顧客の注文すべてがマーケットにながれていると保証はありません。それに、スプレッドが固定していないので、顧客の注文をコントロールする機会が出てきます。

商品先物為替ブローカー口座ブローカーシングル取引
口座
顧客CFD

二つ目の仕組みはCFDを通じて様々な金融商品(為替、株、指数など)を顧客提供する方法です。CFDサービスを提供している企業の中この業界を確実にリードしているのはIFC Marketsです。

上の曖昧な仕組みとちがい、ダイレクトマーケットアクセスを提供しているとはいいません。企業がCFDs相場そのもとの株や指数の商品のもとに提供します。先に、顧客に売ったり買ったりし、そのほかのポジションを流動性提供者または取引所ではヘッジします。

IFC MarketsのCFD相場スプレッドは固定していますので決済不安なく投資できます。

IFC Marketsは世界主な株式指数や米国、欧米、アジア企業におけるCFDを提供しています。現在500程度のCFD数が取引され、その数値を徐々に1000数まで上げるよていです。

最後に、CFDスキムの方が明確で顧客に便利、安心です。