金 テクニカル分析 | 金 相場予想


  • テクニカル分析を表示:
  • 昨日
  • 三日間
  • 一週間
  • 一ヶ月間
  • 全部

昨日、金相場は米ドルの鈍化の背景に、1200ドルを上回った。米小売売上高が期待外れの内容となったのを受けて、米金融当局が利上げを先送りするとの観測が広がった。 米ドル指数は3ヶ月ぶりの安値まで低下した。4月の米小売売上高が横ばいにとどまったことが売りを誘った。 米商務省の発表によると、4月の米小売売上高は前月比で横ばい。3月は1.1%増(速報値0.9%増)に上方修正され、伸び率は昨年3月以来の最大となった。4月は、ブルームバーグが実施したエコノミスト調査では0.2%増が見込まれていた。

金先物相場は火曜日に米ドルが8ヶ月ぶりの安値へ反落したので、続伸している。米消費者信頼感指数は95,2まで反落。(予想は102,5。先月は101,4)。金相場は1200ドルを上回った。

本日は、金先物相場を分析してみましょう。金相場は1週足でも一ヶ月足でも反落して、今金相場は横ばいに推移。RSI-Bars指数のフラクタル高値により、金は買いすぎで、金が反落を続くのは可能。Parabolic指数より、金は1128.95ドル以下反落すると、売りの法がいいだと思います。損きり注文は1258.35に出せばいいだ。

27/11/2014

本日は、金相場を分析してみましょう。相場は週足チャートよりも、日足チャートよりも続落。RSI-Bars指数によると、金は対米ドルで反落を続く。Parabolic指数は、金相場が1162.82ドルを下回ると、売りの方がいいだ。損きり注文は1208.85ドルに出せばいいだ。

本日は、貴金属相場を分析してみましょう。貴金属相場は反落して、横ばいに推移。RSI-Bars指数は続落を確認せず。

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが5日に発表した10月の米民間部門の雇用者数の伸びが市場予想を上回り、貴金属先物相場が反落。
しかし、地政学的な不透明感の背景に貴金属への買い圧力が増加することが可能。

FOMCはきょうから2日間の日程で定例会合を開く。今回の会合では債券購入プログラムの終了を決定する見通しで、市場はその後の金融政策運営方針に注目している。債券購入プログラムの終了を決定する見通しで、米ドルが反発し、貴金属相場が反落するのを見込む。

本日は、金先物相場を分析してみましょう。相場は4時足トレンドラインを破壊して、続落。金相場はRSI-Bars指数のサポートラインを破壊。Parabolic指数も下向きに反転。相場はフラクタルサポートライン1222.70ドルを下回ると、売りの方がいいだ。この指数はDonchianチャネルで確認。損きり注文は1238.87ドルに出せばいいだ。

投資家が株式へ移行したことから賞金先物相場は下落している。米景気の改善やドル相場と株式市場の上昇を背景に金の投資需要が抑制され、米商務省が先週に発表した4-6月(第2四半期)の実質GDP確定値は前期比4.6%増と、改定値の4.2%増から上方修正された。本日は、金先物相場を分析してみましょう。

本日発表の経済指標は週間新規失業保険申請件数(Unemployment Claims)が14:30 CETに発表。米労働省が発表する失業保険申請件数は毎週に発表。新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比30万6000件以下に発表すれば、金や銀などの売り圧力が増加。金先物相場を分析してみましょう。

電話