変動スプレッドと固定スプレッド


スプレッドとは金融取引において買値と売値の差のことを言い、その単位をピップスで表します。スプレッドは取引手数料なので、取引において非常に大事なものです。

現在、外国為替証拠金取引(FX)やCFDの市場において取引口座は取引条件やスプレッドの作成方法が違います。

したがって、ブローカは二つのグループに分けられています:

  1. 固定スプレッドを使うブローカー
  2. 変動スプレッドを使うブローカー

固定スプレッド

固定スプレッドは時刻、市場の状況や乱高下によって変動しません。一番人気で多くのブローカやデーリングセンターでよく使用されています。固定スプレッドは予想が簡単でリスクも少ないので、顧客に対しては便利で大した利益をもたらすものです。買値や売値の差が広がれば、市場の大きな乱高下が生じる場合にはセーフのスプレッドです。

最近、激しい競争でブローカー会社はスプレッドの新しいタイプも含むいろいろな革新的なサービスを提供しています。多くの会社は変動スプレッドを導入します。

変動スプレッド

外国為替証拠金取引(FX)やCFDの市場において変動スプレッドとは常に変動する買値(Ask)と売値(Bid)の差を言います。変動スプレッドは銀行間取引で使用されている独特なものです。その結果、ある会社は普通の取引口座と並びに電子取引ネットワークであるECN (Electronic Communication Network)という口座を提供しています。ECN Forex brokerは銀行、マケットメーカー、投資家が買と売の注文を通して取引を行う電子取引ネットワークプラットホームです。顧客は普通ECNというプラットホームを使いながらもっと低いスプレッドで取引しますが、取引手数料も支払います。

一般的に弊社の意見では固定が狭いスプレッドはより利益の高いスプレッドです。 普通、変動スプレッドに興味を引いてみるブローカーたちはこれがマーケットの動きを反映し、固定スプレッドと違ってより狭いということをこの特徴としてあげます。理論的にそれはそうですが、実践の取引において特に不安定な市場の状況には変動スプレッドを使う顧客が解きがたい問題に直面します。その一つは8~10ポイントも達成できるスプレッドの広がりです。それに、指摘したスプレッドを超える価値で注文が実行されると、ブローカー側にクレームをつけるわけではありません。ブローカーはマーケットの状況を理由にして意図的にストップ注文を実行しない場合もあるので、ストップ注文を使うトレーダーは 取引の様子を予想できません。したがって、固定で狭いスプレッドは変動スプレッドより便利で予想が簡単なスプレッドです。

アイエフシーとともに取引を開始--> 口座を開設 詳しく
電話