証拠金取引とは


銀行間取引における典型的な取引量は、数百万人とドルの十億を超えます。インターバンク市場の参加者は大手企業、多国籍企業、ヘッジファンドや個人投資家を含めます。これにより、この市場での取引量は、個人投資家の大部分にとって高すぎることは明らかです。

トレーダーと市場の間の仲介役を扱う、ブローカー企業が多くなり、オンライン外為取引は個人投資家に利用可能となりました。

今日投資家は証拠金取引のおかげで、レバレッジを利用し、100-200$ドルの資金だけで市場にアクセスすることができます。外国為替証拠金取引では、レバレッジを利用することにより、証拠金以上の外貨を取引することができます。レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクも損益の可能性も高まります。この仕組みは証拠金取引と呼ばれています。

外国為替証拠金取引では、「買い」の方の通貨をロング、「売り」の方の通貨をショート、と呼びます。取引には普通「オープン」と「クローズ・決済」の2つのステップがあります。

上記で述べたように、個人投資家は市場にアクセスするために、中間エンティティとしてその間に入る外国為替ブローカーはを利用します。ブローカーは顧客注文をインターバンク市場へ流します。これらのブローカーに起因する個人顧客は、取引所に物理的に存在しなくても、外国為替市場にアクセスすることができます。インターネットに接続されており、PC、タブレット、または外為取引を様々な人に可能とするモバイルデバイス上で完全に機能する取引プラットフォームをインストールすることが十分です。

投資や取引にはリスクがつきものです。常にまれな状況ですが、通貨ペアが一日3-4%動いた場合、損失が顧客の預金を超える可能性があります。

要約すると証拠金取引とは、取引量のわずか1〜3%証拠金を必要とするため、個人投資家にとって非常に魅力的です。証拠金取引を人ことで説明すると小額の資金で多くの取引を運用することを可能とし、利益の可能性を高めるチャンスです。しかし、損のことも忘れず、よく考えた上の取引することも大事です。

上に戻る

電話