証拠金取引とは

銀行間取引における典型的な取引量は、数百万人とドルの十億を超えます。インターバンク市場の参加者は大手企業、多国籍企業、ヘッジファンドや個人投資家を含めます。これにより、この市場での取引量は、個人投資家の大部分にとって高すぎることは明らかです。

トレーダーと市場の間の仲介役を扱う、ブローカー企業が多くなり、オンライン外為取引は個人投資家に利用可能となりました。

今日投資家は証拠金取引のおかげで、レバレッジを利用し、100-200$ドルの資金だけで市場にアクセスすることができます。外国為替証拠金取引では、レバレッジを利用することにより、証拠金以上の外貨を取引することができます。レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクも損益の可能性も高まります。この仕組みは証拠金取引と呼ばれています。

外国為替証拠金取引では、「買い」の方の通貨をロング、「売り」の方の通貨をショート、と呼びます。取引には普通「オープン」と「クローズ・決済」の2つのステップがあります。

上記で述べたように、個人投資家は市場にアクセスするために、中間エンティティとしてその間に入る外国為替ブローカーはを利用します。ブローカーは顧客注文をインターバンク市場へ流します。これらのブローカーに起因する個人顧客は、取引所に物理的に存在しなくても、外国為替市場にアクセスすることができます。インターネットに接続されており、PC、タブレット、または外為取引を様々な人に可能とするモバイルデバイス上で完全に機能する取引プラットフォームをインストールすることが十分です。

投資や取引にはリスクがつきものです。常にまれな状況ですが、通貨ペアが一日3-4%動いた場合、損失が顧客の預金を超える可能性があります。

要約すると証拠金取引とは、取引量のわずか1〜3%証拠金を必要とするため、個人投資家にとって非常に魅力的です。証拠金取引を人ことで説明すると小額の資金で多くの取引を運用することを可能とし、利益の可能性を高めるチャンスです。しかし、損のことも忘れず、よく考えた上の取引することも大事です。

アイエフシーマーケット日本の利点を評価して下さい

  • 600+ 取引資産

  • FX | 証券 | 株価指数 | 商品 | 貴金属 | ETF | 仮想通貨
  • 合併商品 (PCI)
  • 最高の約定

  • 超狭い完全固定スプレッド
  • 即時約定
  • 取引チャンス

  • 独自のポートフォリオ作成と分析
  • 取引の可能性は無限
  • 新世代の取引ツール

  • NetTradeX - 独自の取引ターミナル
  • 人気のMT4 & MT5 & ウェブターミナル
  • どこでも・いつでも

  • 18ヶ国語における丁寧なサポート
  • 24 時間

FX取引を練習するため、デモ口座を開設して下さい。

無料デモ口座で練習することで自分の力を試しながら経験を積み、取引方法を実験できます。

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。