GBPUSDライブチャート

GBP/USD相場

Loading
このチャートについて

チャートについて

ライブチャートGBP/USDは様々の通貨ペアや株、株式指数を含む金融商品に関する詳しい情報を見せます。チャートメニューから商品カテゴリーそれから商品GBP/USDを選び、1分から一週間までの様々な時間帯を選べます。チャートを移動し、歴史的なGBPUSDデータもみることが出来ます。それに、チャートタイプもラインかキャンドルチャートに変更できます。

取引状況: クローズ 取引
前日比:
プレクロージング
オープン価格
本日、高値
本日、安値

チャートについて

ライブチャートGBP/USDは様々の通貨ペアや株、株式指数を含む金融商品に関する詳しい情報を見せます。チャートメニューから商品カテゴリーそれから商品GBP/USDを選び、1分から一週間までの様々な時間帯を選べます。チャートを移動し、歴史的なGBPUSDデータもみることが出来ます。それに、チャートタイプもラインかキャンドルチャートに変更できます。

GBPUSD通貨ペアについて

GBPUSD | 外為 | メジャー通貨ペア

ポンド(GBP) – ポンドは、第二次世界大戦の前までは、米ドルと並ぶ世界の基軸通貨でした。しかしその役割を終えた現代でもポンドの為替取引は活発です。しかも外貨準備通貨として第3位(1位 米ドル、2位 ユーロ、4位 日本円)の地位にあり、今でも高い流動性を誇るメジャー通貨です。またイギリスは中央銀行を頂点とする世界有数の金融システムを形成し、ロンドンは世界三大金融市場の1つとして、為替相場でも大きな影響力を持っています。

  • ポンド/米ドルは流動性が高く、ユーロ/米ドル、米ドル/円に次ぐ取引量があります。しかし投機的な取引が多いと言われ、激しい値動きの一因になっています。動きの特徴は米ドルと逆方向へ行く傾向にあり、ユーロからの回避通貨として買われる場合もあります。このため英・米・欧のニュースには注意が必要です。またポンド/円の取引量は米ドルやユーロとのペアに比べて少なく、値動きがより激しくなり、厳密なリスク管理が重要です。
  • イギリスはEUの加盟国ですが、ユーロの導入は実現していません。このためユーロ圏での金融政策と、イギリス国内での金融政策が異なる場合があり、ポンドを統括する英中央銀行(イングランド銀行=BOE)内の金融政策委員会(MPC)の動向はつねに市場の注目を集めます。またオイルマネーとの関係性があると言われ、原油高で中東勢による対外投資が活発化すると、米・英の経済状態とは無関係にポンド/米ドル相場が大きく動くこともあります。

米ドル(USD) – 世界経済の「基軸通貨」として、為替市場に大きな影響力を持つ。

  • 米ドルは、国際的な取引や決済で広く利用される「世界の基軸通貨」。為替市場でも米ドルに関係した取引が大半を占め、圧倒的な流通量を誇ります。このため米ドルに関する問題は世界経済に与えるインパクトが大きく、アメリカの政策金利や経済指標、さらに外交ニュースや主要企業の業績までも、為替市場を動かす要因となります。とくに大統領や財務長官の為替に関する発言、そしてFRB議長の動向には、つねに世界中の注目が集まります。
  • かつては「有事のドル買い」と言われるほど、変動リスクに強い通貨とされ、戦争や紛争勃発時にはドル高になることが多くありました。しかし最近ではそうした“定説”も変化。アメリカの慢性的な財政赤字や貿易赤字の拡大、さらにはサブプライムローン問題などが懸念され米ドルへの信任が低下し、むしろ「有事のドル売り」という現象さえも起きはじめています。このようにアメリカの経済状態が、その値動きへ反映される傾向にあります。
  • アメリカの経済状態と政策金利の方向性が、ドル高/ドル安というトレンドを形成すると言われています。このためアメリカ経済の「今」を判断する指標として、4半期ごとに発表される「GDP」、毎月発表される「雇用統計」、さらに政策金利を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は、その内容が大きな注目を集め、為替市場が動く要因となります。しかし、その値動きが投機筋の短期的なものか、中長期的なトレンドとなるのか、しっかり見極めることも大切です。

GBPUSD 価格履歴

Swipe table
日付オープン価格ハイローポジション閉鎖時の価格前日比 %
2019-07-021.263851.264731.258421.25937 0.36
2019-07-011.269961.270491.263121.26385 0.48
2019-06-281.266791.273241.266441.26981 0.24
2019-06-271.269271.272391.266081.26686 0.2
2019-06-261.268911.270661.266191.26929 0.03
2019-06-251.273481.278301.267141.26896 0.35
2019-06-241.273711.276581.270741.27331 0.09
2019-06-211.270461.274531.264161.27440 0.31
2019-06-201.264321.272631.264181.27049 0.49
2019-06-191.255461.267171.254001.26428 0.71
2019-06-181.253661.256211.250541.25533 0.14
2019-06-171.258861.260451.253151.25358 0.37

信頼性の高い海外FX会社とFX取引

  • 50+ 通貨ペア

  • 弊社は50以上のメジャー、マイナー、エキゾチック通貨ペアを提供しています。
  • 最高約定

  • インスタント約定
  • タイトな固定スプレッド
  • 新世代の取引ツール

  • 弊社独自のNetTradeXターミナル
  • MetaTrader 4・MetaTrader 5 取引ターミナル

テクニカル分析

テクニカル分析とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。 将来の取引価格の予想を需給、収益性評価およびそれらの背景となる経済情勢分析に基づいて行う手法であるファンダメンタル分析と相対する概念である。
最後のGBPUSDテクニカル分析をご参照下さい。

最も下落・上昇している通貨

外為の
値上がり率

適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。

外為の
値下がり率

適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。
適切な資産がリストにありません。
値上がり率と値下がり率(市場と期間が選択可能)

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。