注文の処理方式


最高の
約定

最高の約定とはお客様の注文を出来るだけ最高のレートで約定することを言います。IFC Marketsは次の世界最高水準の取引条件を提供しています:

  • 注文約定 – 即時約定
  • 相場 – 超狭い原則固定スプレッド
  • 取引量 – 0.001ロットから取引可能

1. 注文の処理方式ハイブリッド仕組み

取引ツールにて提供されるプライスフィードは流動性提供する銀行相場のなか一番タイとなスプレッドから構成されます。顧客はこの相場のもとで注文を発注します。

IFC Marketsはハイブリッド仕組みを注文を処理します。

a) $1mln 以下の注文.

注文はそのまま弊社の相場にて約定されます。その後もっと大きいポジションに加算され、ヘッジされます。こちらでも遅れは無し。銀行からプライスが動いた場合のリスク弊社のリスクとなります。それに、小ポジションは基本的に合わせたらゼロになる場合があります。その残ったポジションをヘッジします。

  • 顧客
  • 相場

    総合プライスフィード

    相場

    注文

    加算されたポジション

    注文
    (ヘッジ)

  • 流動性提供者

b) $1-10mln 以上の注文

注文はそのまま約定され、銀行とヘッジされます。これはSTP方式作業されます。

遅れは無し。銀行からプライスが動いた場合のリスク弊社のリスクとなります。

  • 顧客
  • 相場

    総合プライスフィード

    相場

    注文

    注文
    (ヘッジ)

  • 流動性提供銀行

c) $10mln 以上の注文

注文はサーバーに届き、そのまま流動性提供する銀行を転送されます。相場がまだ動いてなければ注文はそのまま約定されます。これはDMA方式作業されます。

この場合は銀行から遅れやリクオトの可能性があります。

  • 顧客
  • 相場

    総合プライスフィード

    相場

    注文

  • 流動性提供者

我々の注文処理方式は顧客に便利だけではなく、弊社にとっても安全です。

2. 固定スプレッド

弊社は多くの通貨・商品の取引サービスは固定スプレッドで提供しています。

固定スプレッドはボラティリティに対する保護を提供し、ボナスのようなものです。ボラティリティのリスクは弊社のリスクとなります。弊社は先に注文を約定し、その加算されたポジションを市場でヘッジします。

スキャルピングのトレーダーは自分の戦略の計算しやすくなります。

3. 偏差とリクオト

弊社では小中額注文をそのまま約定しますのでリクオトは基本的にありません。ニュースの場合やインターネットスピードが遅い場合はリクオトが考えられます。

顧客は取引ツールでは前もって注文における偏差設定を出来ます。

$10mln 以上の注文の場合は流動性が低いときにリクオトがありえます。

4. マーケットオーダー(成行注文)、ストップロス、リミットオーダー。ニュースでの取引。

中量のマーケットオーダー(成行注文)は取引ターミナルに表示された相場で約定されます。$10 million(100ロット)の取引量は流動性提供者(カバー先)に直接流されます。

リミットオーダーは顧客が設定したプライスかまたはそれより良いプライスで約定されます。

ストップは顧客が設定したプライスかギャップの場合はその次にとれるプライスで約定されます。

顧客はどの戦略でも利用できます。ニュース取引やスキャルピングも大丈夫です。しかし、ニュース発表の時は大きなギャップが可能です。その場合、注文はギャップの次の一番ベストのレートで約定されます。

アイエフシーとともに取引を開始--> 口座を開設 詳しく
電話