外国為替について


為替市場

昔から海外と貿易をするために一つの通貨を別の通貨に交換する必要がありました。多くの人が通貨交換と為替市場の仕組み深い興味を持っています。それを把握するために為替市場の歴史を見てみましょう。

為替市場の歴史

為替市場の展開には二つの重要な歴史的なイベントがありました:金本位制の導入とブレトンウッズ体制への移行

為替市場とは?

外国為替証拠金取引とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引を言います。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などとも言います。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来しています。海外ではForex(Foreign exchange=フォレックス)と呼ばれることが多いです。

貿易・為替自由化により世界為替市場の取引量は徐々に増えています。世界の為替取引高は1日3兆ドルです。その内、為替差益を狙う投機的な取引は80%を占めています。この為替取引の「ゲーム」が世界中の法人・個人投資家の注目を集めています。

直近20年のIT技術の急速な拡大により為替市場自体が完全に概観を変えました。今は、従来金融専門家しか出来なかったFXトレードがオンライン取引システム拡大により一般民の間に広まっています。世界の大手銀行もオンライン取引システムを使用しています。

日本で外国為替は2000年代から発展し、外国為替をするかたが多くなってきました。その中でミスワタナベと呼ばれる有名なトレーダもいます。しかし、最近日本FXレバレッジにおける規則が厳しくなり、多くのトレーダはもう海外FXの方に移っています。海外FXの利点をこちらからご覧ください。

急変動の好きな株式市場と違って為替市場の最大特徴は、まず安定性です。為替市場も変動していますが、原則、急落がありません。株価の下落は、発行企業にも株保有者にも危険ですが、為替相場では、通貨Aの下落の一方で通貨Bの上昇があります。2008-2009年の米ドルの相場動向がその例の一つです。2008年末2009年始は、全通貨に対してドル安が広がったが、外為市場で普通に売買が続いていました。危機だったと言えません。それは、外為市場の安定性です。外為市場の第2の特徴は、自分の知識だけで設けることは可能だということです。

為替市場取引時間

外為市場は株式市場と異なり営業時間は24時間となり、世界中の銀行間の取引が行われる場となります。

下記のテーブルに世界主な市場の取引スケジュールが表示されています。

時間帯東京オープン東京クローズロンドンオープンロンドンクローズニューヨーク オープンニューヨーククローズ
時間 (ET)7:00 pm4:00 am3:00 am12:00 pm8:00 am5:00 pm

為替市場マーケットプレーヤー

外国為替市場はマーケットプレーヤーと呼ばれる様々な市場参加者で構成されています。各参加者の目的は異なり単純に投機目的行われる訳ではありません。

主なマーケットプレーヤー:

  • 政府と中央銀行
  • 商業銀行と企業
  • ヘッジファンド
  • ブローカー企業
  • 投資家
  • 外国為替証拠金取引のトレーダー
  • 投機家
上に戻る
電話