外為取引について


外国為替証拠金取引(以下「FX」と言います。)は、為替相場の変動を利用して利益を得ようとする取引です。ある通貨が安いときに買って高くなったときに転売すれば利益を得ることができます。また、ある通貨が高いときに売って下がったときに買戻しをすれば、やはり利益を得ることができます。一方、為替相場の予測を誤った場合は、損失を被ることとなります。
>外為取引についてをお読み下さい。

外国為替市場には、金融機関(為替ディーラー)、外為ブローカー、ヘッジファンド、顧客(個人、一般企業)、中央銀行などが参加しています。外国為替市場は、「インターバンク市場」と「対顧客市場」の2つに分かれており、参加者によって取引する場所がそれぞれ異なります。

取引に潜むリスクをどのように回避するか、その具体的な方法について解説します。

銀行間取引における典型的な取引量は、数百万人とドルの十億を超えます。インターバンク市場の参加者は大手企業、多国籍企業、ヘッジファンドや個人投資家を含めます。これにより、この市場での取引量は、個人投資家の大部分にとって高すぎることは明らかです。

今日、証拠金取引のおかげで、誰でも為替取引市場に簡単にアクセスし、FXブローカーが提供しているレバレッジやクレジットを利用し、取引ボリュームの一部だけの証拠金で大きなポジションを持つことが出来ます。

外国為替市場は、毎日の取引量は、数十億ドルを超える最大の分散型市場です。インターバンク市場での取引の最小容量が高すぎると確実に個人投資家が少ない手段を所有しているためアクセスできません。信用取引に起因する個人投資家は、証拠金取引を利用し、様々な通貨ペアでオンライン取引をする機会があります。証拠金取引とは何でしょうか?それは簡単に言うと顧客の資金を超える取引を行うことです。例えば、顧客は100$を投資し、レバレッジを利用し、大きい取引することができます。

外為市場では買いをAsk(アスク)、売りをBid(ビッド)と呼びます:

スプレッドとは金融取引において買値と売値の差のことを言い、その単位をピップスで表します。スプレッドは取引手数料なので、取引において非常に大事なものです。

ピップス(Pips)とは、FXで表現する最小値幅単位の事です。為替が変動するときの最小値の事を1ピップスといいます。またピップスのことをポイントとも呼びます。「Pips」とは「Pip」の複数形です。この値は通貨ペアによって異なりますが、ドル円では0.01円、ユーロドルでは0.0001ドル、といった風に決まっています。

受渡日を新たな日に移動させる取引は、事前の日時の取引を現行の日時に変更することを目的としています。それは同額同量の売買を同時に行う取引ですが、直 物取引と先物取引を組み合わせて行うことです。この場合弊社は取引の方向と基礎通貨に応じて支払いもしくは保証を行います。この支払いは顧客の口座では、 通貨の金利に応じて応じてプラスもしくはマイナスの額として表されます。

取引会社: IFC Markets

通貨ペア: 豪ドル対米ドル【AUDUSD】

取引量: 1 ロット (100 000 豪ドル)

為替相場: 0.9200

取引の結果は利益又は損失になります。例えば:

株価指数は、株式の相場の状況を示すために、個々の株価を一定の計算方法で総合し、数値化したものである。狭義には基準値を100または1000とした指数化されたもののみを指すが、広義には平均株価などの指数でない数値のものも含む。