マーケットセンチメント


2月9日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に18.2億ドルから12.6億ドルまで反落。先週に発表した経済レポートより、米国の経済成長が減速した。ISMのPMI指数は1月に53.5へ反落(先月55.8)。スイスフランとカナダドルを除いて、すべての通貨へ買い圧力が減収。日本円のみはネットロングポジションを持っている。

2月2日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャー通貨23.84億ドルから18.2億ドルまで反落。CFTCデータより、日本円とスイスフランを除いてすべての通貨への買い圧力が増加。日本円のみは対ドルでネットロングポジションを持つ。

1月19日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャー通貨で25.27億ドルから25.05億ドルまで減収した。報告により、ユーロと日本円への買い圧力が増加し、円とスイスフランのみは対ドルでネットロングを持ている。

1月12日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャー通貨で28.79億ドルから25.27億ドルまで反落。下記の報告によりますと豪ドルとスイスフランを除いて全通貨へ買い圧力が増加。日本円とスイスフランのみは対ドルでネットロングポジションを持ている。

1月5日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に31.8億ドルから28.79億ドルまで反落。米ドルのネットロングポジションは2ヶ月ぶりの安値へ反落。米ISM指数は12月に48.2だ。(先月は48.6だった)日本円への買い圧力が増加し、日本とスイスフランは今対ドルでネットロングを持っています。

12月29日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に32.8億ドルから31.8億ドルまで反落。カナダドルと英ポンドを除いて、すべての通貨へ売り圧力が減収した。スイスフランのみはネットロングポジションを持つ。

12月15日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に41.2億ドルから30.9億ドルまで反落。FOMCは16日に開催した定例会合後で、政策金利を0.25に引き上げた。今後の利上げについては、「緩やかなペースになる」とイエレン議長が述べた。

12月1日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に44.06億ドルから43.9億ドルへ減収。米PMI指数は48.6へ減収(先月50.1)。12月の米利上げ観測の高まりから、利上げの可能性は80%以上だ。ユーロとスイスフランへのセンチメントが悪化し、その他のメージャ通貨へ売り圧力が上昇。

9月22日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に20.95億ドルから20.48億ドルまで反落。9月17日のFOMC会議の後に米ドルへの買い圧力が減収。豪ドルとユーロを除いて、すべてのメージャ通貨への買い圧力が上昇。

9月15日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に22.07億ドルから20.95億ドルまで減収。FOMCは前日発表した声明で、利上げを見送った理由として低インフレと世界の成長見通しをめぐる不確実性を挙げた。前日は、当局が景気刺激のための国債購入プログラム拡大を発表した2009年3月以降で最大の下げとなっていた。日本円やユーロを除いて、メージャ通貨はすべて売り圧力が減収。スイスフランのみはネットロングポジションを持つ。

電話