このWebサイトはIFCMARKETS. CORP. (BVI FSC)で運営されています。
 

マーケットセンチメント


米ドルの売りポジションは対メージャ通貨で19.77億ドルから15.14億ドルまで下落した。

米ドルの売り圧力が対メージャ通貨で21.73億ドルから21.41億ドルまで下落した。

1. Shire PLC 買収を検討しているアイルランドの医薬品大手シャイアーについて、全株式の取得を想定していると表明した。

米ドルのショット・ポジションは対 メージャ通貨で14.61億ドルから22.0億ドルへ反発した。

CFTC(全米商品先物取引委員会)レポートで米ドルの対メージャ通貨の売りポジションは11.45億ドルから14.61億ドルまで反発した。

今週は、最も上昇している株式はドイツのアディダスE.ONでした。ドイツ株式指数は反発した。米国株が下落に転じたことに伴い、ドイツ株は上げ幅を縮小した。2017年通期増益に加え、18年の良好な業績見通しを発表したアディダスは11%高。13日遅くに大規模な自社株買い戻し計画を発表したことも買い材料となった。

2018年2月28日から2018年3月7日まで最も上昇している企業はコンピューターにおける主記憶・ストレージ用の各種半導体メモリ(DRAMやフラッシュメモリとそれらの搭載製品群)を開発・製造・販売しているマイクロン・テクノロジとソーシャル・ネットワーキング・サービスであるツイッターです。

対メージャ通貨の米ドル売りポジションは8.16億ドルから11.30億ドルへ反発した。

2月21日から28日までの最も上昇している商品には 日経平均指数S&P/ASX 200でした。2%以上反発した。株式指数に関してですが、オーストラリアのNine Entertainment Co.は40%以上反発した。

2月9日までのデータをカバーする商品先物取引委員会(CFTC)の報告によりますと米ドルネットロングポジションは対メージャ通貨で先週に18.2億ドルから12.6億ドルまで反落。先週に発表した経済レポートより、米国の経済成長が減速した。ISMのPMI指数は1月に53.5へ反落(先月55.8)。スイスフランとカナダドルを除いて、すべての通貨へ買い圧力が減収。日本円のみはネットロングポジションを持っている。