IFC Markets Forex Broker

オンラインFX取引の基本

オンライン取引なら、口座開設から注文・約定確認等、取引のほとんどが自宅のパソコンやスマートフォン等の携帯端末で行えます。自分の好きな場所で、好きな時間に、自分のペースで取引できるところがオンライン取引の最大の魅力となります。

相場とは

相場は、一般的には、"ある時点"における市場でのある対象の買いと売りによって決定する取引価格のことをいいます。

また、資産運用投資においては、株式や債券、外国為替、商品先物(コモディティ)など、マーケット全般で使われる用語で、市場において決まる価格のこと、または市場のことをいいます。

直接相場

遠回しの相場

通貨のレートは対USドルのレートが基準となるため、USドル以外の通貨同士のレート、例えばユーロ/円、英ポンド/円などは対USドルレートをもとに計算されています。これをクロスレートと言います。

売り(ビッド)と買い(アスク)の価格とスプレッド

外為市場では買いをAsk(アスク)、売りをBid(ビッド)と呼びます。

買いポジションを開設: アスク価格でドルを売ってユーロを買う。 買いポジションを閉鎖: ビッド価格でユーロを売ってドルを言います。売りポジションを開設: ビッド価格でユーロを売ってドルを買う。売りポジションを閉鎖: アスク価格でドルを売ってユーロを言います。 スプレッドとは金融取引において買値と売値の差のことを言い、その単位をピップスで表します。

固定スプレッドは時刻、市場の状況や乱高下によって変動しません。一番人気で多くのブローカやデーリングセンターでよく使用されています。固定スプレッドは予想が簡単でリスクも少ないので、顧客に対しては便利で大した利益をもたらすものです。買値や売値の差が広がれば、市場の大きな乱高下が生じる場合にはセーフのスプレッドです。 最近、激しい競争でブローカー会社はスプレッドの新しいタイプも含むいろいろな革新的なサービスを提供しています。多くの会社は変動スプレッドを導入します。

変動スプレッドは、外国為替証拠金取引(FX)やCFDの市場において変動スプレッドとは常に変動する買値(Ask)と売値(Bid)の差を言います。変動スプレッドは銀行間取引で使用されている独特なものです。その結果、ある会社は普通の取引口座と並びに電子取引ネットワークであるECN (Electronic Communication Network)という口座を提供しています。ECN Forex broker は銀行、マケットメーカー、投資家が買と売の注文を通して取引を行う電子取引ネットワークプラットホームです。顧客は普通ECNというプラットホームを使いながらもっと低いスプレッドで取引しますが、取引手数料も支払います。

ロットとピップス

ピップス(Pips)とは、FXで表現する最小値幅単位の事です。為替が変動するときの最小値の事を1ピップスといいます。またピップスのことをポイントとも呼びます。「Pips」とは「Pip」の複数形です。この値は通貨ペアによって異なりますが、ドル円では0.01円、ユーロドルでは0.0001ドル、といった風に決まっています。

1ピップスの価値は取引量によって異なります。

証拠金取引とは何ですか?

証拠金取引とは何でしょうか?それは簡単に言うと顧客の資金を超える取引を行うことです。例えば、顧客は100$を投資し、レバレッジを利用し、大きい取引することができます。

投資を学ぶ

IFCM教育センター

初心者の方へ

外為の書籍

Forex & CFDチュートリアルの教室

Forex & CFDビデオチュートリアル

ビデオチュートリアル

トレード用語辞典

Forex & CFD取引用語辞典

Important Notice

IFC Markets is not a JFSA regulated entity and is thus not engaging in any action(s) which may be deemed to constitute a solicitation of financial services.This translated page is not intended for Japanese residents.


IFC MarketsはJFSAの監督下にはなく、金融サービスへの勧誘と見なされる行為は行っていません。この翻訳されたページは日本居住者向けではありません。